光を用いた露地野菜圃場における害虫防除装置の開発と利用

光を用いた露地野菜圃場における害虫防除装置の開発と利用

課題番号2010016893
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所,石川県農業総合研究センター,積水樹脂株式会社
研究期間2009-2013
年度2010
小課題光を用いた露地野菜圃場における害虫防除装置の開発と利用
摘要ハスモンヨトウ、ヨトウガで5秒間隔で0.5秒の点灯で活動量が対象の30〜40%に抑制された。半野外の網室条件下では、12〜13×1011フォトン数/cm2/秒(15lux)の連続点灯で緑、黄色LEDともハスモンヨトウの産卵を抑制することを確認した。実際の野外条件でも、ハスモンヨトウの産卵は無処理で確認されたが、照明区では認められなかった。
予算区分委託・先端技術[光応答プロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164284
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat