チオニンおよびmALS遺伝子導入による細菌病・除草剤抵抗性の高バイオマスイネの開発

チオニンおよびmALS遺伝子導入による細菌病・除草剤抵抗性の高バイオマスイネの開発

課題番号2010016912
研究機関名農業生物資源研究所,農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所,農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所
研究期間2008-2012
年度2010
小課題チオニンおよびmALS遺伝子導入による細菌病・除草剤抵抗性の高バイオマスイネの開発
摘要閉花性+極晩性交配系統に原品種を2度戻し交配したF2個体群から、BC2F4世代まで選抜を進め、閉花性を確認すると共に極晩性ヘテロ型で約30日、ホモ型で約40日出穂が遅延することを確認した。また、組換え系統の生育初期でのBS抵抗性程度を評価し、実用場面での有効性を検討した。イネもみ枯細菌病菌とイネ苗立細菌病菌を供試した再現性の高い抵抗性検定条件を確定した上で、組換え系統の種子を供試した検定を進めている。
予算区分委託・先端技術[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Selecting genetic transformants of indica and indica-derived rice cultivars using bispyribac sodium and a mutated ALS gene
(2)変異ALS遺伝子を利用した組換え細胞の選抜法は飼料用イネにも適用できる
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164297
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat