DNAマーカーを用いた耐病虫性に優れる飼料稲品種の育成

DNAマーカーを用いた耐病虫性に優れる飼料稲品種の育成

課題番号2010016945
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所,農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター
研究期間2008-2010
年度2010
小課題DNAマーカーを用いた耐病虫性に優れる飼料稲品種の育成
摘要「西海飼262号」と「泉2507」の交配後代の系統からSSRマーカーRM3329、RM1219がによるMASおよび圃場での立毛選抜により,耐病虫性を多収が見込める系統を計28系統選抜した。また「関東241号」「泉2509]を片親とする組合せを計5組合せ圃場に展開し生育量やシンクサイズが大きく強稈の個体を計301個体選抜した。これらは年度内に葉身サンプルを支援課題先のSTAFF研究所に送付し,マーカーでの評価を受ける予定である。
予算区分委託・先端技術[新農業展開ゲノムプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164330
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat