地力窒素と土壌固定リンの吸収能力に優れたイネの選抜と育種

地力窒素と土壌固定リンの吸収能力に優れたイネの選抜と育種

課題番号2010016979
研究機関名名古屋大学,京都大学,滋賀県立大学
研究期間2008-2012
年度2010
小課題地力窒素と土壌固定リンの吸収能力に優れたイネの選抜と育種
摘要無窒素、堆肥施用で生育、窒素吸収のよい品種は化学肥料区でも生育、窒素吸収が良いことが分かった。また、窒素吸収量は同等だがワラ重が40%程度増えるコシヒカリを育成した。リン欠乏によって根を延ばす原因遺伝子、リン欠乏で誘導的に合成される酸性フォスファターゼ遺伝子をほぼ同定した。カリウム欠乏を緩和する遺伝子の領域を同定した。兵庫県とタイ国のカドミウム汚染田でカドミウム含有率の低いモミをもつイネを選抜している。
予算区分委託・先端技術[新農業展開ゲノムプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164364
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat