中国の遺伝子組換え作物の開発動向調査

中国の遺伝子組換え作物の開発動向調査

課題番号2010017131
研究機関名農業環境技術研究所,茨城大学,森林総合研究所,水産総合研究センター
研究期間2009-2010
年度2010
小課題中国の遺伝子組換え作物の開発動向調査
摘要中国においては、2001年以降GMOに関する基本政策および法制度を確立し、国家的目標を掲げるなかで、積極的にGMOの研究開発を進めてきた。特に、食料生産の観点から食糧資源となる作物への組換え技術の応用を進めている。最近では、Btイネとフィターゼ・トウモロコシが認可され、商業的栽培が近づいている。魚に関してもコイなど淡水魚に対する組換え体の研究開発が進んでいることが明らかになった。
予算区分委託・先端技術[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Establishment and evaluation of event-specific quantitative PCR method for genetically modified soybean MON89788.
(2)Evaluation of Quantitative PCR Methods for Genetically Modified Maize (MON863, NK603, TC1507 and T25)
(3)Development of multiplex PCR method for simultaneous detection of four events of genetically modified maize: DAS-59122-7, MIR604, MON863 and MON88017.
(4)遺伝子組換え食品の検知と表示制度の動向と今後の課題
(5)Qualitative PCR method for Roundup Ready soybean: interlaboratory study.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164516
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat