暖地の晩播・夏播き向き南方さび病抵抗性・高TDNとうもろこし品種の育成

暖地の晩播・夏播き向き南方さび病抵抗性・高TDNとうもろこし品種の育成

課題番号2009012688
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター
研究期間2006-2009
年度2009
小課題暖地の晩播・夏播き向き南方さび病抵抗性・高TDNとうもろこし品種の育成
摘要晩播・夏播き用南方さび病抵抗性・高TDNトウモロコシ品種を育成するため、有望F1系統の地域適応性検定試験、生産力検定試験を晩播および夏播きで行った。九交系統では、「九交148号」、「九交150号」は南方さび病罹病指数が2以下で、晩播ではTDN収量が「なつむすめ」と同等以上で有望と考えられた。また、新たな九交系統として2系統を選抜した。晩播および夏播きで育成F1系統の生産力検定試験予備試験を行い、南方さび病抵抗性、乾物収量、TDN含量等を評価し、それぞれ5系統を有望F1系統として選抜した。
予算区分委託・食料供給力強化研究[えさプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164663
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat