西南暖地向け飼料米品種を用いた飼料米の乳牛への給与技術(福岡県)

西南暖地向け飼料米品種を用いた飼料米の乳牛への給与技術(福岡県)

課題番号2009012827
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,福岡県農業総合試験場
研究期間2008-2009
年度2009
小課題西南暖地向け飼料米品種を用いた飼料米の乳牛への給与技術(福岡県)
摘要飼料用籾米の品種及び加工方法別の飼料特性を解明した。給与飼料に「ミズホチカラ」の玄米を20〜50%混合して緬羊で消化試験を行った結果、栄養価はトウモロコシと同等で約40%まで代替できることを明らかにした。さらに、「ミズホチカラ」を籾付きのまま加熱圧ぺん加工し、乳牛用TMR飼料に10、20%混合して泌乳後期乳牛に給与しても、泌乳量、乳質等に影響が無いことを明らかにした。
予算区分委託・食料供給力強化研究[えさプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164802
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat