飼料米と食品製造副産物を活用した自給飼料肥育の開発

飼料米と食品製造副産物を活用した自給飼料肥育の開発

課題番号2009012833
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター
研究期間2008-2009
年度2009
小課題飼料米と食品製造副産物を活用した自給飼料肥育の開発
摘要自給飼料主体の肉牛肥育技術を開発するため、飼料用米、カンショ焼酎粕濃縮液、乾燥豆腐粕などを混合した発酵TMRを設計及び調製し、生産現場において黒毛和種去勢牛の仕上げ期5ヶ月間に給与した。その結果、発酵TMRを乾物ベースで配合飼料の60%程度代替給与しても飼養成績、血漿中生化学分析値、枝肉重量、ロース芯面積、バラや皮下脂肪の厚さ、BMSナンバー、肉色、脂肪色、光沢、きめ、締まり等の肉質に問題なく給与できることが明らかとなった。
予算区分委託・食料供給力強化研究[えさプロ]
業績(1)黒毛和種肥育牛の仕上げ期における玄米と食品残さによる配合飼料代替給与法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat