種子コーティングの改良等によるイネ湛水散播技術の開発

種子コーティングの改良等によるイネ湛水散播技術の開発

課題番号2009012855
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2009
年度2009
小課題種子コーティングの改良等によるイネ湛水散播技術の開発
摘要コーティング方法により発熱を回避する方法について検討した。その結果、カルパー使用により発熱を遅延でき、鳥害や収量もカルパーを使わない場合と差がなかった。苗の吹き寄せの恐れがある場合は、コーティング比は0.5が良いと考えられた。播種後落水すると苗立率が上昇するとともに、大豆跡は水稲跡より苗立期の生育が良くなる傾向を示した。試作機による代かき同時播種は、従来のコーティング種子を使用した場合と精玄米重に遜色なく、播種量を7-8kg/10aに増やせば実用化の可能性があると考えられた。
予算区分委託・食料供給力強化研究[担い手ITプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat