重粘土転換畑における狭畦密植栽培によるムギ跡ダイズの省力・安定栽培技術の開発

重粘土転換畑における狭畦密植栽培によるムギ跡ダイズの省力・安定栽培技術の開発

課題番号2009012863
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2009
年度2009
小課題重粘土転換畑における狭畦密植栽培によるムギ跡ダイズの省力・安定栽培技術の開発
摘要ムギ跡ダイズ作において安定かつ高収益を得るために異なる播種時期による生育の違いを中心に調査した。狭畦密植栽培は生育量が小さい条件で適していること、狭畦密植の増収効果は慣行栽培が低収の場合に大きいことを明らかにした。また狭畦密植栽培の光遮蔽による抑草効果は小さく、茎葉除草剤散布により培土と同程度の抑草効果があることを明らかにした。オオムギのドリル播試験において新系A886はファイバースノウに比べて低収であったが、出穂期で10日、成熟期で5日早くなったので早生品種育成用交配母本として残すことにした。ダイズの開花期以降の水ストレスによる減収率推定に用いる土壌水分推定モデルを開発した。
予算区分委託・食料供給力強化研究[担い手ITプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030164836
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat