プロテアーゼK感受性PrPScを標的としたプリオン病診断法の開発

プロテアーゼK感受性PrPScを標的としたプリオン病診断法の開発

課題番号2009013049
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所
研究期間2008-2012
年度2009
小課題プロテアーゼK感受性PrPScを標的としたプリオン病診断法の開発
摘要PK非依存的なPrP分離法を確立した。PrPCを選択的に消化する低PK濃度を示した。牛定型BSEプリオンはPrPSc-resが軽い画分にも分布していることを明らかにした。またL型牛非定型BSE検出には低濃度PKによる消化が必要であることを示した。
予算区分委託・食の安全研究[鳥インフル・BSEプロ]
業績(1)Fragment molecular orbital calculations reveal that the E200K mutation markedly alters local structural stability in the human prion protein.
(2)Establishment of a SV40 large T antigen-immortalized bovine cell line and its neuronal differentiation by dibutyryl cyclic AMP.
(3)Alteration of the biological and biochemical characteristics of bovine spongiform encephalopathy prions during interspecies transmission in transgenic mice models.
(4)牛海綿状脳症(BSE)の現状―定型BSE と非定型BSE−
(5)牛海綿状脳症(BSE)の現状と防疫対策
(6)Intraspecies transmission of L-type-like bovine spongiform encephalopathy detected in Japan.
(7)Isolation two distinct prion strains were isolated from a scrapie sheep.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165015
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat