詳細な氾濫解析に基づく沿岸農地への温暖化影響の予測

詳細な氾濫解析に基づく沿岸農地への温暖化影響の予測

課題番号2009013210
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2008-2009
年度2009
小課題詳細な氾濫解析に基づく沿岸農地への温暖化影響の予測
摘要地盤標高が低い沿岸農地の高潮被害リスクを的確に予測するため、高分解能のモデル、データを用いた高精細高潮リスク評価モデルを構築した。また、有明海、八代海沿岸の海岸堤防を調査し、堤防の沈下スピードが早く、浸水被害の脆弱性が低くなっている実態を定量的に明らかにした。有明海沿岸域は台風の来襲も多く、今後の温暖化に向けて対策が急がれるが、本研究で開発したシミュレーションモデルにより,効率的な対策が可能になる。 
予算区分委託・環境研究[地球温暖化プロ]
業績(1)生存時間解析による海岸堤防の寿命の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165165
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat