暖海域の藻場生態系における炭素循環の実態解明とモデル開発

暖海域の藻場生態系における炭素循環の実態解明とモデル開発

課題番号2009013220
研究機関名独立行政法人農業環境技術研究所,独立行政法人水産総合研究センター,独立行政法人水産大学校,広島大学
研究期間2006-2009
年度2009
小課題暖海域の藻場生態系における炭素循環の実態解明とモデル開発
摘要西日本沿岸の藻場の現存量・生産量分布図を作成し、藻場による炭素吸収の現状を把握した。瀬戸内海で生産量が最も大きいガラモ(ホンダワラ類)場について、優占種ノコギリモクをモデル種に光合成および枯死分解過程を定量化するとともに、生態系モデルを用いて広島湾における炭素循環過程を推定した。その結果、年平均では藻場によるCO2吸収が枯死分解によるCO2放出を上回り、海藻起源の炭素が海底に堆積している可能性が示唆された。
予算区分委託・環境研究[地球温暖化プロ]
業績(1)水温ー高水温の影響の現れ方、光ー光不足の影響、藻場の生産力とその測定法、ガラモ場の生産力
(2)海の砂漠化!?−広がる藻場の異変と温暖化−
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165175
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat