キュウリ等生食用野菜のおいしさ指標の設定と評価方法の開発

キュウリ等生食用野菜のおいしさ指標の設定と評価方法の開発

課題番号2009013348
研究機関名(独)農研機構 野菜茶業研究所
研究期間2006-2010
年度2009
小課題キュウリ等生食用野菜のおいしさ指標の設定と評価方法の開発
摘要生食野菜の品質評価法開発のための研究を継続した。20年度に開発したHPLCを用いた苦味成分の分析法および19年度に開発したレタスの食感評価法を、成熟ステージの異なるレタスに適用した試験では、レタスは熟度が進むと硬く苦味を増すことが確認された。また、トマトにおいて果汁量から得られるJI値と官能評価を比較した試験では、ジューシーなものの方が味を濃く感じる傾向が示された。さらに、核酸系のうま味成分評価法を設定し、これを用いてトマト果実の測定をした試験では、トマトには無視できない量のグアニル酸が含まれ、トマトの味評価のためには、グアニル酸の評価を行う必要性が示唆された。
予算区分委託・食料供給力強化研究[加工プロ]
業績(1)キャピラリー電気泳動法による野菜の主要呈味成分の分析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165302
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat