イネの病害抵抗性を制御する遺伝子ネットワークの解明

イネの病害抵抗性を制御する遺伝子ネットワークの解明

課題番号2009013462
研究機関名東京大学生物生産工学研究センター
研究期間2005-2009
年度2009
小課題イネの病害抵抗性を制御する遺伝子ネットワークの解明
摘要形質転換体を用いたハイスループットな病害抵抗性賦活型農薬探索に関し、想定遺伝子の標的レギュロンを同定した。また、イネの防御応答におけるジャスモン酸の生理機能を解析した。さらに、イメージング技術の改良およびこれを使用して遺伝子活性の可視化を行った。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Promoter analysis of the elicitor-induced WRKY53, which is involved in defense responses in rice
(2)OsTGARI, a bZIP transcription factor, coordinately regulates the inductive production of ditepenoid phytoalexins in rice
(3)微生物分子パターン受容体
(4)Differential responces of rice to inobulation with wild-type anad nn-pathogenic mutants of Magnapothe oryzae
(5)イネいもち病菌の事故感染補助因子−感染過程解析のツール
(6)Chemical defence and toxins of plants
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165412
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat