イネイモチ病菌感染初期過程におけるシグナル伝達機構の解明

イネイモチ病菌感染初期過程におけるシグナル伝達機構の解明

課題番号2009013463
研究機関名(独)農業生物資源研究所
研究期間2005-2009
年度2009
小課題イネイモチ病菌感染初期過程におけるシグナル伝達機構の解明
摘要CRXa下流のエリシターシグナリングを生化学的、分子生物学的に解析し、基礎的抵抗性発現との差異を明らかにした。本キメラ受容体を用いた耐病性分子育種法を評価した。また、防御応答に関わる遺伝子発現に対する2'−デオキシウリジンの効果を解析した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Effects of catalase on the accumulation of H2O2 in rice cells inovulated with rice blast fungus Megnoporthe oryzae
(2)The supernatant of a conidia susupension of Magnaporthe oryzae contains a fcator that promotes the infection of rice plants
(3)Differential responces of rice to inobulation with wild-type anad nn-pathogenic mutants of Magnapothe oryzae
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165413
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat