ミルクオリゴ糖代謝関連酵素の立体構造解析と改変酵素の分子設計

ミルクオリゴ糖代謝関連酵素の立体構造解析と改変酵素の分子設計

課題番号2009013475
研究機関名東京大学
研究期間2005-2009
年度2009
小課題ミルクオリゴ糖代謝関連酵素の立体構造解析と改変酵素の分子設計
摘要ラクトNビオシダーゼの立体構造の精密化を行うとともに、フルクトース6リン酸ホスホケトラーゼではSe-SAD法を用いて構造を決定し、アセチルチアミン二リン酸中間体や各種の変異体を含む9種類の構造を得た。セロビオースホスホリラーゼ(CBP)からラクトースホスホリラーゼ(LacP)への改変、エンド-α-N-アセチルガラクトサミニダーゼ(EngBF)の糖転移活性の向上に向けた分子設計を行った。変異を導入した結果予想通りの機能変換体が得られた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Analyses of Bifidobacterial glycosidases involved in the metabolism of oligosaccharides.
(2)Conversion of an inverting glycoside hydrolase into glycoynthase
(3)Conversion of inverting glycoside hydrolases into catalysts for synthesizing glycosides employing a glycosynthase strategy
(4)Crystallographic and mutational analyses of substrate recognition of endo-α-N-acetylgalactosaminidase from Bifidobacterium longum
(5)ビフィズス菌のヒトミルクオリゴ糖分解に関わるホスホリラーゼの結晶構造
(6)Structural explanation for the acquisition of glycosynthase activity
(7)Crystal structure of GH101 endo-α-N-acetylgalactosaminidase from Bifidobacterium longum
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165425
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat