食味に関する高次脳機能研究と高度食味プロファイリングシステムの構築

食味に関する高次脳機能研究と高度食味プロファイリングシステムの構築

課題番号2009013547
研究機関名農研機構 食品総合研究所
研究期間2007-2009
年度2009
小課題食味に関する高次脳機能研究と高度食味プロファイリングシステムの構築
摘要fNIRS(機能的近赤外分光分析法)を用いて、食味プロファイリングのエキスパートの脳活動を探索し、脳科学、認知科学に裏付けられた専門パネル訓練トレーニング法の確立を進めた。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)食感表現の豊かな日本語
(2)論文引用動向からみる 近赤外脳機能イメージング研究のエポック
(3)秋茄子の脳科学−おいしさを超える高次脳情報処理
(4)Structural atlas-based spatial registration for functional near-infrared spectroscopy enabling inter-study data integration
(5)グリシンエチルエステルの塩味増強効果の測定
(6)Environmental invariants affect a spatio-temporal illusion as known as the kappa effect
(7)Influence of luminance distribution on the appetizing fresh appearance of cabbage
(8)NIRSによる味嗅覚研究の戦略的考察
(9)Anatomical Atlas-Guided Diffuse Optical Tomography of Brain Activation
(10)食感を表す日本語
(11)Lexicon for the Japanese description of French bread in Japan
(12)Infants' recognition of objects using canonical color
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat