アレロケミカルの構造活性相関とプローブ分子の合成

アレロケミカルの構造活性相関とプローブ分子の合成

課題番号2009013560
研究機関名九州大学 先導物質科学研究所
研究期間2008-2012
年度2009
小課題アレロケミカルの構造活性相関とプローブ分子の合成
摘要ユキヤナギのアレロケミカルで高活性のシス桂皮酸の芳香環上の置換基に関する構造活性相関の解析を行った。また、植物生長調節試験を行い、シス桂皮酸の作用機序を解析した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Stereoselective Synthesis of (E)-2-en-4-ynoic acids with Ynolates. Catalytic Conversion to Tetronic acids and 2-Pyrones,
(2)The Effects of C-S and C-Se bonds on torquoselectivity: stereoselective olefination of alpha-thio- and alpha-selenoketones with ynolates
(3)Chiral Acid-Catalyzed Asymmetric Nazarov Reaction. Nucleophilic Construction of a Quaternary Asymmetric Center at the alpha Position of the Keto Function
(4)Efficient synthesis of bongkrekic acid. Three component convergent strategy,
(5)Synthesis of 1,3-Dienes by Cycloaddition and Electrocyclic Reactions
(6)The chemistry of metal ynolates; in The Chemistry of Metal Enolates,
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165510
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat