グレリンによる自律神経調節のメカニズム解明と、動物の低ストレス化への応用

グレリンによる自律神経調節のメカニズム解明と、動物の低ストレス化への応用

課題番号2009013590
研究機関名久留米大学分子生命科学研究所
研究期間2008-2012
年度2009
小課題グレリンによる自律神経調節のメカニズム解明と、動物の低ストレス化への応用
摘要グレリンKOマウスで見いだしたグレリンの自律神経への種々の作用機序を更に深く調べ、グレリンによる恒常性維持機構を特に神経の側から解明する。体温調節はエネルギー消費量が特に多いため、動物の生産性に大きく影響する。そのため、グレリンKO及び野生型マウスの比較により、グレリンによる体温調節とエネルギー消費のコントロール機序の解明をめざす。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Ghrelin O-acyltransferase (GOAT) has a preference for n-hexanoyl-CoA over n-octanoyl-CoA as an acyl donor.
(2)グレリンの発見と失敗
(3)Ghrelin and leptin modulate immunity and liver function in overweight children.
(4)Regional distribution and the dynamics of n-decanoyl ghrelin, another acyl-form of ghrelin, upon fasting in rodents.
(5)Ghrelin: From Gene to Physiological Function.
(6)Production of n-octanoyl-modified ghrelin in cultured cells requires prohormone processing protease and ghrelin O-acyltransferase, as well as n-octanoic acid.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165540
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat