植物のCO2応答にともなう情報伝達および恒常性制御の分子遺伝学的解析

植物のCO2応答にともなう情報伝達および恒常性制御の分子遺伝学的解析

課題番号2009013597
研究機関名九州大学
研究期間2008-2012
年度2009
小課題植物のCO2応答にともなう情報伝達および恒常性制御の分子遺伝学的解析
摘要近赤外カメラを用いた非破壊的計測システムを構築するとともに、高CO2環境における栄養成分の動態と恒常性の制御にかかわる突然変異体の単離、また、CO2応答の制御因子・代謝調節関連因子の作用機作の解明を行った。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Chloroplast biogenesis during the early stage of leaf development in rice.
(2)Contribution of chloroplast biogenesis to carbon-nitrogen balance during early leaf development in rice.
(3)Rice Virescent-3 and Stripe-1 encoding the large and small subunits of ribonucleotide reductase are required for chloroplast biogenesis during early leaf development.
(4)CTD phosphatases in the attenuation of wound-induced transcription of jasmonic acid biosynthetic genes in Arabidopsis
(5)植物におけるCO2応答の分子機構
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165547
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat