スフィンゴ脂質素材の探索と食品機能性の評価

スフィンゴ脂質素材の探索と食品機能性の評価

課題番号2009013604
研究機関名京都大学
研究期間2008-2010
年度2009
小課題スフィンゴ脂質素材の探索と食品機能性の評価
摘要イオントラップ型質量分析装置(LCMS-IT-TOF)を用いることで、動物や植物由来のスフィンゴ脂質(グルコシルセラミド)の分子種の解析法を確立した。UAV照射における塗布および皮膚疾患モデルにおける経口投与においてトウモロコシ由来グルコシルセラミドの皮膚バリア機能改善作用を確認した。
予算区分イノベーション創出事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165554
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat