植物人工染色体の創出と伝達制御に関する研究

植物人工染色体の創出と伝達制御に関する研究

課題番号2009013638
研究機関名岡山大学資源生物科学研究所
研究期間2009-2013
年度2009
小課題植物人工染色体の創出と伝達制御に関する研究
摘要シロイヌナズナの環状ミニ染色体へのLoxPサイトの導入を試みた。Ds-LoxP-Ds保持個体にAc由来転移酵素遺伝子を導入し、Ds-LoxP-Dsを他の領域に転移させた個体を同定し、転移位置を解析した。タバコのBACクローンから動原体領域を含むクローンを複数選抜した。イネの動原体領域を含むBACクローンを入手し、形質転換用コンストラクトを作製した。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)Minochromosome stability induced by partial genome duplication in Arabidopsis thaliana.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165588
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat