病原ウイルスフリー親エビの生産手法の確立

病原ウイルスフリー親エビの生産手法の確立

課題番号2009013710
研究機関名国立大学法人宮崎大学農学部
研究期間2006-2010
年度2009
小課題病原ウイルスフリー親エビの生産手法の確立
摘要クルマエビ用ワクチンの有効性を遺伝子レベルで検討するための多くの新規免疫遺伝子を分離した。また、サブユニットワクチンの有効性について、経口投与によって、効果が認められること及びワクチン投与によって加水分解酵素遺伝子の発現量が増加することを明らかにした。さらに、新たに設計したプライマーセットを用いることで、ウイルスの定量LAMP法の検出感度を高めることに成功し、かつ、LAMP法によるウイルス感染エビの診断の最適な検査部位を明らかにした。
予算区分イノベーション創出事業
業績(1)
(2)Molecular cloning and characterization of the nitric oxide synthase gene from kuruma shrimp,Marsupenaeus japonicus.
(3)The expression analysis of innate immune-related genes in kuruma shrimp Marsupenaeus japonicus after DNA vaccination against penaeid rod-shaped DNA virus.
(4)Real-time reverse transcription loop-mediated isothermal amplification for rapid detection of yellow head virus in shrimp.
(5)Molecular cloning and transcriptional analysis of a newly identified anti-lipopolysaccharide factor gene in kuruma shrimp,Marsupenaeus japonicus.
(6)Novel gene of tumor necrosis factor ligand superfamily from kuruma shrimp,Marsupenaeus japonicus.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165660
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat