国産果実の輸出促進に向けた低コスト生産・流通システムの開発

国産果実の輸出促進に向けた低コスト生産・流通システムの開発

課題番号2009014086
研究機関名(独)農業・食品産業技術総合研究機構,山形県(農業総合研究センター農業生産技術試験場),福岡県(農業総合試験場),佐賀県(果樹試験場),鳥取大学,クミアイ化学工業(株),日本トーカンパッケージ(株),鳥取県(園芸試験場)
研究期間2007-2009
年度2009
小課題国産果実の輸出促進に向けた低コスト生産・流通システムの開発
摘要(1)輸出に適した大玉で高品質な果実を安定して生産すること目的として、プロヘキサジオンカルシウム塩(PCa)塗布剤とジベレリン(GA)塗布剤の混合処理によるニホンナシの果実肥大促進効果について、試験を実施した。その結果、「豊水」、「新高」、「おさゴールド」、「ゴールド二十世紀」「あきづき」においてはGA単用処理より混合処理でより果実肥大が促進された。しかし、「幸水」では試験実施場所によって効果に振れが認められた。しかし、「幸水」でも市販のGA塗布剤(GA3が主成分)に替えてGA4を塗布剤としてを用いると安定した果実肥大促進増強効果得られることが判明した。以上のことから、ニホンナシにおける新規果実肥大促進技術として、1%PCaを含む塗布剤とGA塗布剤の等量混合剤を果梗に塗布する混合処理法を確立した。(2)リンゴ主要4品種における減圧下1-MCP処理条件を明らかした。また、航空便による輸出過程において出荷箱内が高二酸化炭素条件となる危険性や、大きな衝撃が集中して発生することを明らかにし、果実品質保持のためには船便輸送が望ましいことを明らかにした。また、輸送試験で得られた衝撃データの解析より、輸送工程における衝撃加速度および衝撃回数から果実の商品性に及ぼす影響を予測するモデルを開発した。一方、リンゴ、ニホンナシ、カキ、モモ、中晩柑類、オウトウ、イチゴについて、数種の段ボール箱及び緩衝資材を用いた輸送試験等を実施し、その鮮度保持効果及び傷果発生軽減効果の評価を行い、各々の果実に適した資材の選定を行った。また、イチゴ用に輸送に適した新たな包装容器を開発し、特許出願を行った。
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)
(2)
(3)オウトウ輸出における「フィルムボックス(仮称)」の荷傷み防止効果
(4)オウトウ輸出における荷傷み防止効果の高いパッケージ技術
(5)モモの輸送方法の違いによる衝撃の発生程度と果実の荷傷み防止法
(6)リンゴ輸出における各種出荷箱の特性
(7)機能性段ボールによるリンゴの出荷箱損傷回避(海外輸出向け)
(8)機能性段ボールによるカキの鮮度保持(海外輸出向け)
(9)機能性段ボールによるカキの鮮度保持(国内輸送向け)
(10)EXPACK500等の簡易包装資材を用いた輸送形態(国内輸送向け)
(11)イチゴ輸送中の損傷を防止する新たな包装形態
(12)イチゴ輸送中の衝撃解析と損傷発生予測
(13)カワラヨモギ抽出物の収穫後処理によるモモ灰星病抑制効果
(14)リンゴ輸出における各種段ボール箱の特性評価
(15)Roles of gibberellins in increasing sink demand in Japanese pear fruit during rapid fruit growth.
(16)Improvement of Packaging to Reduce Deterioration of Peach Fruit Caused by Vibration
(17)Vibration and Shock Analysis of Fruit and Vegetables Transport -Cherry Transport from Yamagata to Taipei-
(18)Measurement of impact pressure and bruising of apple fruit using pressure-sensitive film technique
(19)Alleviation of Strawberry Bruising due to Vibration Using 1-Layer Packaging with Cushioning
(20)Effect of vehicle speed on shock and vibration levels in truck transport
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat