道内カラマツ資源の循環利用促進のための林業システムの開発

道内カラマツ資源の循環利用促進のための林業システムの開発

課題番号2009014108
研究機関名(独)森林総合研究所,北海道(林業試験場),北海道(林産試験場)
研究期間2007-2010
年度2009
小課題道内カラマツ資源の循環利用促進のための林業システムの開発
摘要(1)多様な施業タイプにおいて収穫予測が可能なシステム収穫表および施業コストが評価可能なシステムを確立した。これまでに実施した間伐試験地2箇所の材質データを精査し、林分成長、素材生産量、施業コストと材質の関係を把握した。(2)本年度までの研究結果から、建築用材に適した家系を選抜することができた。また、クローンの材質に関しては、環境との交互作用が少ないことが分かり、選抜家系を全道に普及できると考えられた。(3)間伐試験地の原木を用いたラミナ製材試験の結果から、材の強度性能を確保するためには適度な間伐が有効であることを示した。製材工場等の生産現場でも実施が容易な、簡略化したヤング係数測定方法による強度選別の効果を示した。応力波伝搬速度、ピロディン貫入量、樹皮厚、年輪数を因子としたいくつかのヤング率推定式について、各評価法の精度、樹体に対する損傷、測定時間および現場での普及を考慮し、調査目的に応じた材質評価法を提示することができた。(4)カラマツのシステム収穫表への統合を目指し、施業が材質に与える影響をモデル化するとともに、検定林で選抜予定家系の成長パラメータを明らかにした。カラマツ材の各用途における要求性能や利用適性、流通量等を把握し、強度、径級等を指標とした効率的な利用モデルを提示した。また、施業タイプ別作業収支を試算し、持続的カラマツ林経営の成立条件を提示した。
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)カラマツ根株腐朽木と健全木における根株径の比較及び根株腐朽被害と根株径サイズの関係
(2)カラマツの間伐の遅れが材質に及ぼす影響―カラマツ長伐期施業のための事例としてー
(3)間伐率が樹幹細りにおよぼす影響−レラスコープ式デンドロメーターを用いた検討−
(4)低密度植栽後24年間のグイマツ雑種F1の成長
(5)立木状態におけるカラマツ属の容積密度の簡易検定法の開発
(6)北海道版カラマツ人工林収穫予測ソフト
(7)Efficiency in planting hybrid larch F1 (Larix gmelinii var. japonica × L. kaempferi) at different planting densities and using seedlings or rooted cuttings
(8)施業による立木密度の違いがカラマツの材質に及ぼす影響
(9)31年生グイマツ雑種F1における交配親としてのカラマツの遺伝特性
(10)カラマツ人工林における単木レベルの直径成長予測
(11)カラマツ人工林の間伐コスト削減における強度間伐の有効性―間伐試験とシミュレーションによる検証―
(12)The effects of early and intense pruning on light penetration、 tree growth、 and epicormic shoot dynamics in a young hybrid larch stand.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165817
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat