生産環境等からの病原指標菌の高感度検出法の開発及び動態解明

生産環境等からの病原指標菌の高感度検出法の開発及び動態解明

課題番号2009014121
研究機関名佐賀大学,宮崎県(総合農業試験場所),大阪大学,(独)農業・食品産業技術総合研究機構,(株)中央電機計器製作所
研究期間2007-2009
年度2009
小課題生産環境等からの病原指標菌の高感度検出法の開発及び動態解明
摘要(1)堆肥・土壌中の食中毒菌(または指標菌)を高感度かつ迅速簡便に検出定量する新規手法を開発した。難培養状態の菌でも検出可能なマイクロコロニーFluorescence in situ hybridization (μC-FISH)法と自動定量装置とを併用し、102〜108cells/g乾物(乾土)の広範囲な菌濃度で、大腸菌、大腸菌O157、サルモネラ、及び腸球菌を自動定量するシステムの開発に成功した。(2)病原微生物の作物内部への侵入の可否とその条件因子を、大腸菌やサルモネラを用いた水耕・土耕栽培及び根圏モデル系により明らかにした。水耕栽培では極端に高濃度の菌濃度の場合、大腸菌が植物体内部に侵入することを実証した。一方、土耕栽培では、難侵入性である結果を得た。水耕液中の大腸菌の生残性は極めて悪く、原生動物による補食作用と、植物根から分泌されるポリフェノール系の殺菌性物質が原因であることを解明した。(3)確立した高感度自動定量法(μC-FISH法)を用いて、一般流通堆肥計42点の微生物汚染調査を行うとともに、従来の培養法(希釈平板法、最確値法、増菌培養法)との比較により、新規手法の有効性を検証した。(4)本研究の成果に基づき、最終年度に「堆肥製造及び水耕・土耕栽培における衛生管理マニュアル」をまとめ、関係各方面に配布するとともに、成果発表会を開催して、成果の普及をはかった。
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)g乾物当たりの細菌の自動演算
(2)高濃度の大腸菌接種牛ふん堆肥を施用しても野菜内部には移行しない
(3)マイクロコロニー計測画面の一覧表示
(4)マイクロコロニーFISH自動定量装置MACS
(5)マイクロコロニーFISH自動計数
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165830
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat