航空写真とGISを活用した松くい虫ピンポイント防除法の開発

航空写真とGISを活用した松くい虫ピンポイント防除法の開発

課題番号2009014206
研究機関名(独)森林総合研究所,秋田県(農林水産技術センター森林技術センター),岩手県(林業技術センター),秋田県立大学,共立航空撮影(株)
研究期間2006-2009
年度2009
小課題航空写真とGISを活用した松くい虫ピンポイント防除法の開発
摘要(1)高頻度に撮影された空中写真と詳細な地上調査結果の対比に基づき、空中写真から防除の対象となるマツノマダラカミキリ寄生木(要防除木)を抽出するための撮影時期、撮影方法、撮影機材など、空中写真撮影に関する最適条件を明らかにした。空中写真から要防除木を判読し、位置情報とともに一体管理するシステムを開発した。成果普及のためのマニュアルを作成した。(2)空中写真から作成された高精細オルソ画像と判読解析で得られた要防除木の位置情報を最大限に活かすため2つの活用法を開発した。1つは、現地作業を飛躍的に高める林内誘導ナビゲーションシステムで、これを用いることで現場作業での被害木発見と踏査が短時間となり高効率化に繋がった。2つめは、空中写真から得られる微地形モデル情報を無人ヘリの自動飛行システムに用いることで、広域を自動で単木(ピンポイント)単位で管理、処理が可能となる防除法が開発できた。
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業
業績(1)マツ材線虫病被害木の空中写真判読マニュアル作成の試み
(2)空中写真によるマツ材線虫病被害木の予備判読と課題
(3)Journal of Forest Research
(4)Seasonal variation in the incidence of pine wilt and infestation by its vector, Monochamus alteranatus, near the northern limit of the disease in Japan: Comparison with warmer regions
(5)マツノザイセンチュウ接種木樹冠の地上調査及び空中写真による追跡
(6)秋田県夕日の松原において在来枯死要因が外来のマツ材線虫病の発生に及ぼす影響
(7)赤外カラーによるマツ材線虫接種木の樹冠色調変化
(8)マツ材線虫病被害木の空中写真像とその判読―撮影縮尺1/5,000と1/10,000の対比―
(9)マツ材線虫病発病木の非破壊的診断技術開発の試み
(10)針葉変色を伴わないアカマツから羽化脱出したマツノマダラカミキリの材線虫保持数
(11)空中写真撮影から写真判読に至る一連のプロセスの改善
(12)GPS内蔵型携帯端末を利用したマツ材線虫病被害木の現地誘導システム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030165915
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat