雌化技術の改善による良質親魚の作出方法の開発

雌化技術の改善による良質親魚の作出方法の開発

課題番号2009014314
研究機関名独立行政法人水産総合研究センター,愛媛大学,静岡県水産技術研究所,愛知県水産試験場
研究期間2008-2011
年度2009
小課題雌化技術の改善による良質親魚の作出方法の開発
摘要養殖環境下のウナギは全ての個体の生殖腺が一旦雌に分化した後、その大部分が雄に分化転換することを明らかにし、その現象にストレスが深く関与していることを初めて示し、養殖ウナギの性比の偏る原因解明に寄与した。
予算区分委託・食料供給力強化研究[ウナギイセエビ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166022
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat