良質卵を得るための親魚および卵の栄養条件の解析とそれに基づく親魚養成法の改善

良質卵を得るための親魚および卵の栄養条件の解析とそれに基づく親魚養成法の改善

課題番号2009014323
研究機関名独立行政法人水産総合研究センター,愛知県水産試験場
研究期間2008-2011
年度2009
小課題良質卵を得るための親魚および卵の栄養条件の解析とそれに基づく親魚養成法の改善
摘要栄養的側面から良質卵の条件を明らかにし、餌および催熟時の注射によるビタミンとカロテノイド投与によって良質卵を産ませる手法の開発を進めた。
予算区分委託・食料供給力強化研究[ウナギイセエビ]
業績(1)Vitamin contents of eggs that produce larvae showing a high survival rate in the Japanese eel Anguilla japonica
(2)Vitamin content and quality of eggs produced by broodstock injected with vitamin C and E during artificial maturation in Japanese eel Anguilla japonica
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166031
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat