坦子菌を利用した土壌浄化技術の開発

坦子菌を利用した土壌浄化技術の開発

課題番号2009014418
研究機関名独立行政法人農業環境技術研究所,九州大学
研究期間2008-2012
年度2009
小課題坦子菌を利用した土壌浄化技術の開発
摘要坦子菌を利用した土壌浄化技術の開発
予算区分委託・食の安全研究[リスク低減プロ]
業績(1)Biodegradation of 1,1,1-tricholoro-2,2-bis (4-chlorophenyl) ethane (DDT) by the white rot fungi Phlebia lindtneri and Phlebia brevispora
(2)Degradation of 1,1,1-trichloro-2,2-bis (4-chlorophenyl) ethane (DDT) by brown rot fungi
(3)ttempt of bioremediation for DDT contaminated soil by using spent medium of Pleurotus ostreatus
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166121
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat