イネ種子の寿命に関する遺伝子の解析

イネ種子の寿命に関する遺伝子の解析

課題番号2009014716
研究機関名独立行政法人農業生物資源研究所,東北大学
研究期間2008-2012
年度2009
小課題イネ種子の寿命に関する遺伝子の解析
摘要本研究では、qLG-9の高精度連鎖解析の成果により、種子寿命の原因多型と強く連鎖するDNAマーカーを見いだした。これらをマーカーとして長寿命日本型米の品種育成の選抜に利用できる期待される。また、qLG-9についての準同質遺伝系統は、育種母本として、利用できる可能性がある。
予算区分委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166400
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat