コムギ祖先野生種早熟性の遺伝解析

コムギ祖先野生種早熟性の遺伝解析

課題番号2009014748
研究機関名独立行政法人農業生物資源研究所,神戸大学,福井県立大学
研究期間2008-2012
年度2009
小課題コムギ祖先野生種早熟性の遺伝解析
摘要パンコムギのDゲノムが有する遺伝的変異はA, Bゲノムと比較して極めて少ないが、合成コムギを介してDゲノム祖先野生種タルホコムギの自然変異を利用できる。本課題では、タルホコムギから6倍性コムギの早熟性を支配するQTLを同定すると共に、その他のコムギ重要形質に関するDゲノムの変異の検出を目的としている。これまでに、Dゲノムのみに変異を持つ75系統の合成パンコムギを用いて開花時期及び成熟期間に変異のある交配組み合わせを見出し、早生系統については晩生系統やパンコムギ品種とのF2種子を得た。
予算区分委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ]
業績(1)Population structure of wild wheat D-genome progenitor Aegilops tauschii Coss.: implications for intraspecific lineage diversification and evolution of common wheat
(2)Natural variation of morphological traits in wild wheat progenitor Aegilops tauschii Coss
(3)Expression of morphological and flowering time variation through allopolyploidization: an empirical study with 27 wheat synthetics and their parental Aegilops tauschii accessions
(4)Variation in Dehydration Tolerance, ABA Sensitivity and Related Gene Expression Patterns in D-Genome Progenitor and Synthetic Hexaploid Wheat Lines
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166432
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat