Cm6100 バイオエタノール廃液の処理・利用技術と変換バイオマスの農地還元技術の開発

Cm6100 バイオエタノール廃液の処理・利用技術と変換バイオマスの農地還元技術の開発

課題番号2009017320
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構,沖縄県農業研究センター
研究期間2007-2011
年度2009
小課題Cm6100 バイオエタノール廃液の処理・利用技術と変換バイオマスの農地還元技術の開発
摘要 バガス炭は6年経過後もそのまま土中に貯留され、バガス炭の施用がサトウキビの可製糖量を増加させた。消化液による窒素成分の代替は有効であった。カボチャの生育初期では、基肥として約13t/10aの消化液が利用可能である。  エタノール蒸留残渣液からのカリ供給量が他の試験区の約4倍に上るN(窒素)等量区で、野菜収量が高かった。 また、排水中の硝酸態窒素流出量は窒素等量区が高く、カリ等量区と化学肥料区は同程度で最も少なかった。残渣液の甘藷への施用は、基肥として約0.5〜1.5t/10aの間で利用可能であった。またカリ肥料代替を試みた結果、甘藷の品種によってエタノール蒸留残渣液の施用効果が異なった。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
業績(1)バイオエタノール蒸留残渣液の農業利用についてー土壌環境およびトマト・ダイコンの生育・品質に与える影響ー
(2)変換バイオマスの農地施用効果の評価のためのサトウキビ生育調査結果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166536
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat