1421 種・属間交雑、突然変異処理技術の利用による次世代型エタノール原料サトウキビの開発

1421 種・属間交雑、突然変異処理技術の利用による次世代型エタノール原料サトウキビの開発

課題番号2009017347
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2007-2011
年度2009
小課題1421 種・属間交雑、突然変異処理技術の利用による次世代型エタノール原料サトウキビの開発
摘要次世代型エタノール原料用品種育成に必要な育種素材開発に向け、種・属間交配により開発した有望系統の南西諸島各地域および多回株出しでの生産力評価を実施した。その結果、製糖品種より全糖収量が多いKY01-2044を有望育種素材として選定した。KY01-2044は「砂糖・エタノール複合生産」プロセスを利用することで100円/L以下でのエタノール生産が期待できることから、今後の技術開発や大規模実証で利用するためのモデル品種候補とした。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
業績(1)Mechanical load induces upregulation of transcripts for a set of genes implicated in secondary wall formation in the supporting tissue of Arabidopsis thaliana
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat