1411-1エタノール原料用サトウキビの省力的株出し管理技術の開発

1411-1エタノール原料用サトウキビの省力的株出し管理技術の開発

課題番号2009017350
研究機関名独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構,鹿児島県農業開発総合センター
研究期間2007-2011
年度2009
小課題1411-1エタノール原料用サトウキビの省力的株出し管理技術の開発
摘要異なる残渣処理法が、2回株出し栽培(3年3作目)の生育・収量に及ぼす影響の解明するために、製糖用品種NiF8とNiTn18、高バイオマス量サトウキビモデル系統KR98-1001の株出し栽培を行った。収穫残渣鍬込み時に石灰窒素を施用することにより、労働時間の短縮、窒素飢餓の回避、雑草抑制が可能となることを明らかにした。KR98-1001の収量はNiF8やNiTn18を上回り、鍬込み区のKR98-1001では無マルチ栽培で8t/10aの目標収量が得られることを明らかにした。
予算区分委託・環境研究[バイオマスプロ]
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166566
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat