C 木材の需要拡大に向けた利用促進に係る技術の開発

C 木材の需要拡大に向けた利用促進に係る技術の開発

課題番号2011017660
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(2) 林業の再生に対応した木材及び木質資源の利用促進技術の開発
大課題(2) 林業の再生に対応した木材及び木質資源の利用促進技術の開発
中課題C 木材の需要拡大に向けた利用促進に係る技術の開発
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要<研究内容>間伐材の地中利用の拡大を図るため、地中打設可能な丸太の接合法を開発するとともに、地盤中での効果を明らかにする。人工乾燥材の品質向上のために、高温乾燥における乾燥割れを抑制する処理条件や内部割れと強度・接合性能の関係を解明する。内装に用いられた地域材の香りや視覚要素の心理的・生理的特性を明らかにするため、これまでの研究成果に基づいて開発された木質材料を活用して建設されたモデル木造住宅における快適性を評価する。難燃処理木材を表面に後付けすることによる集成材への耐火性能付与技術を開発する。木質パネル類の屋外暴露を全国8か所で実施したデータを解析し、木質パネル類の劣化に及ぼす因子を明らかにする。厚物合板を主たる構造要素とする壁体の耐久性を検証するため、建築物施工中の雨や完成後の事故的な漏水、浸水等の水漏れによる性能の変化について検証する。<成果の概要と活用>中期計画に対する当年度成果を概観すると、木材加工システムの高度化に必要な間伐材の木杭としての利用技術、木材乾燥の高品質化に貢献するマニュアル作成、木造住宅の快適性評価、難燃処理木材の後付けによる集成材への耐火性能付与技術の開発、木質パネル類の劣化因子の解明、木質構造の耐力残存率に及ぼす釘の縁端距離の重要性など、有意義な成果が得られている。いずれも関係産業界や規格基準等に関わる行政にとってさまざまな形で提言できる内容を含んでいる。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 技会・その他 林野庁交付金 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 環境省競争的資金
業績(1)伝票を利用した木造躯体の炭素収支算定手法の開発
(2)Emission of volatile organic compounds during drying of veneer: Hinoki (Chamaecyparis obtusa Endl.)(ヒノキの単板乾燥工程で排出される揮発性有機化合物)
(3)Evaluation of equivalence of desiccator methods in the ISO and JIS standards.(ISO規格とJIS規格におけるデシケーター法の同等性評価)
(4)オゾン処理によるアセチル化ファイバーボードの改良
(5)Effects of sealed press on improving the properties of particleboard
(6)Development of an air-injection press for preventing blowout of particleboard I: effects of an air-injection press on board properties
(7)Development of an air-injection press for preventing blowout of particleboard II: improvement of board properties using small-diameter holes for air injection
(8)厚物構造用合板に関する研究開発(1)−その背景と要素技術−
(9)Acetaldehyde emission from wood induced by the addition of ethanol(エタノール添加によって引き起こされる木材からのアセトアルデヒド放散)
(10)2000年の建築基準法改正以降の木質防耐火研究の変遷
(11)超臨界二酸化炭素を用いた高含水率木材の高速脱水処理(第2報)−試片形状および処理条件が脱水挙動に及ぼす影響−
(12)アメリカカンザイシロアリに対する各種木材保存剤の性能評価(II)−耐候操作後の性能−
(13)保存処理合板の防虫・防蟻性能
(14)ヤマトシロアリの走光性に及ぼす波長の影響
(15)三宅島2000年噴火後の甲虫相の変化
(16)Spectrophotometric assay of a wood preservative, N,N-didecyl-N-methylpoly(oxyethyl) ammonium propionate (DMPAP), in aqueous solution
(17)Assessment of decay risk of airborne wood-decay fungi II: relation between isolated fungi and decay risk
(18)ANALYSIS OF DECAY ANISOTROPY BY X-RAY COMPUTER TOMOGRAPHY
(19)表面粗さ測定を用いた塗装木材の耐候性評価
(20)水性木材保護塗料の耐候性能評価(III)−再塗装前の研磨の効果−
(21)Changes in the organelle and quantity, quality, and DNA distribution in the wood of Cryptomeria japonica over long-term storage.
(22)Leaching characteristics of woody biomass ash after low-temperature combustion
(23)Measurement of the refining degree of bamboo charcoal by an alternating current method(交流法による竹炭の精錬度の測定)
(24)Bow variation in kiln-dried boxed-heart square timber of sugi (Cryptomeria japonica) cultivars(スギ在来品種の心持ち正角材の人工乾燥で生じた狂いの変動)
(25)弥生時代から古墳時代の関東地方におけるイチイガシの木材資源利用
(26)Identification of Japanese species of Cupressaceae from wood structure
(27)Identification of Japanese species of evergreen Quercus and Lithocarpus (Fagaceae)
(28)国産材資源の変化と製材技術
(29)Thermal Behavior of Deteriorated Wood Waste(劣質木質残廃材の熱的挙動)
(30)Non-destructive evaluation of surface longitudinal growth strain on Sugi (Cryptomeria japonica) green logs using near infrared spectroscopy(近赤外分光法を用いたスギ丸太表面の成長応力非破壊評価)
(31)Species separation of aging and degraded solid wood using near infrared spectroscopy(近赤外分光分析法を用いた風化した古材の樹種識別)
(32)Evaluation of end check propagation of Sugi (Cryptomeria Japonica D. Don) based on mode I fracture toughness(スギのモードI型破壊じん性試験による木口割れ進展の評価)
(33)Application of near infrared spectroscopy for moisture-based sorting of green hem-fir timber(近赤外分光法を用いたヘムファー生材の含水率選別)
(34)A novel method of measuring moisture content distribution in timber during drying using CT-scanning and image processing techniques(CTX線と画像処理技術を組み合わせた木材乾燥中の含水率分布計測)
(35)Difference in mass concentration of airborne dust during circular sawing of five wood-based materials(丸鋸切削時に発生する吸入性粉じんの質量濃度に及ぼす被削材種類の影響)
(36)スギの丸鋸切削時に発生する浮遊粉塵の質量濃度に及ぼす切削条件および被削材含水率の影響
(37)DEVELOPMENT OF A KILN DRIED WOOD SYSTEM USING HEAT PUMP TECHNOLOGY(ヒートポンプ技術を応用した木材乾燥装置の開発)
(38)透過性中性子含水率計の開発
(39)建築用木材のLCAデータベースの構築
(40)那須烏山「山あげ祭」における移動式舞台の仮設構法
(41)岐阜県飛騨市種蔵集落における3層民家の変容過程とその要因
(42)岐阜県飛騨市宮川沿いの集落における民家の壁構法の変容過程とその要因
(43)木質構造の重量床衝撃音の心理音響評価
(44)様々な樹種の乾燥材から放散されるアルデヒド類の定量
(45)自然エネルギー利用住宅の開発と性能評価(9)−簡易型空気循環式太陽熱利用システムの加湿効果−
(46)森林総合研究所モデル木造住宅の性能評価−面材耐力壁を採用した木造住宅の気密性能−
(47)直交単板を用いた単板積層材の性能 その4 二次接着が曲げ性能に与える影響
(48)国産材によるクロスラミナティンバー(CLT)パネルの製造
(49)直交単板を用いた単板積層材の性能 その3 樹種および外層厚さが強度性能に与える影響
(50)森林総合研究所「近未来の木造住宅」実験住棟における室内空気質の評価−内装施工過程の影響−
(51)ファイバーボードの熱圧工程および製造後のホルムアルデヒド放散挙動−接着剤の影響−
(52)ファイバーボードの熱圧工程および製造後のアセトアルデヒド放散挙動−熱圧温度の影響−
(53)合板等から放散するアセトアルデヒドの経時変化
(54)温度・湿度が木質材料のアセトアルデヒド放散速度に与える影響
(55)パーティクルボードのパンクを防ぐための空気噴射プレスの開発(第1報)空気噴射プレスが高含水率の原料から製造したボードの性能へ与える影響
(56)プレス時間を短縮するための高周波空気噴射プレスの開発
(57)木材・木質材料の温故知新
(58)民間資本による中・大規模木造建築物の普及に関する課題
(59)アルデヒド類放散に及ぼす酢酸ビニル樹脂エマルジョン系接着剤中の酢酸ビニルモノマー含有量の影響
(60)中国における合板・木材需給の現状と将来見通し
(61)レゾルシノール系樹脂接着剤を用いた集成材からのアセトアルデヒド放散挙動−接着剤へのエタノール添加量の影響−
(62)空気噴射プレスを用いたパーティクルボード製造条件でのユリア樹脂接着剤の硬化構造−空気噴射とチップ含水率の影響−
(63)マイクロフィンガージョイントでたて継ぎしたスギ材の強度特性−たて継ぎ時の圧締圧力と曲げ強度特性の関係
(64)木現し型耐火構造の開発
(65)木質の耐火構造建築を進めるために
(66)接着剤の耐熱性能が構造用集成材の耐火性能に及ぼす影響
(67)耐火集成材の開発(その13)ラミナの部分的薬剤処理により作製したスギ耐火集成材柱と壁接合部の1時間加熱実験
(68)耐火集成材の開発(その14)ラミナの部分的薬剤処理により作製したスギ耐火集成材梁と天井床接合部の1時間加熱実験
(69)発達障害児の福祉用具に対する教員等の理解
(70)知的障害者及び発達障害者のための福祉用具の給付2−全国市町村調査−
(71)発達障害児の福祉用具の利用2−小学校における使用−
(72)感覚統合の視点を取り入れた自閉症児のための児童デイサービスの実践
(73)知的障害者及び発達障害者のための福祉用具の給付3−震災と福祉用具−
(74)自閉症者の余暇支援−A市の取り組み−
(75)強度行動障害を示す人の地域生活の保障と権利擁護−強度行動障害を対象とする地域生活支援のあり方を検討する−
(76)Copper nanoparticles in southern pine wood treated with a micronised preservative: Nanodistribution of copper in the pit membrane and border of an earlywood bordered pit(Micronized保存処理されたサザンパイン辺材におけるナノ銅粒子:有縁壁孔部における銅のナノオーダー分布)
(77)LVSEM-EDXA法による保存処理材の経時的な溶脱挙動の可視化
(78)ACQの野外効力試験4
(79)超臨界二酸化炭素中で行う木材の熱処理法の検討
(80)耐火集成材の開発(その15)燃え止まり性能に対する部材内部のネジ・木栓の影響
(81)難燃薬剤処理層を後付け施工とした耐火集成材の開発−木ネジ・木栓の影響について−
(82)構造用スギ耐火集成材の開発−小断面仕様と後付け施工仕様の検証−
(83)住宅の防耐火性能の課題に関する実験(その1)検討概要および鋼板のファイアーストップ実験
(84)住宅の防耐火性能の課題に関する実験(その2)枠組壁工法の小屋裏空間に面する外壁(妻壁)の防火性能
(85)住宅の防耐火性能の課題に関する実験(その3)軸組造の小屋裏や天井懐に面する外壁の防火性能
(86)住宅の防耐火性能の課題に関する実験(その4)外壁の屋内側被覆に合板を用いた場合の防火性能
(87)大型寺社建築のための大断面広葉樹製材による準耐火構造の柱・はりの開発(その1)広葉樹の燃焼性状及び高温時の機械的特性の把握と柱の載荷加熱実験
(88)節を有するスギ板材の難燃化と準不燃材料の研究開発
(89)レーザインサイジング難燃処理ラミナを用いたスギ耐火壁の加熱試験
(90)アメリカカンザイシロアリに特化した防蟻性能評価法の提案と各種木材保存剤の性能評価
(91)新たな保存処理単板集成材の防蟻性能
(92)ネバダオオシロアリの走光性と視覚特性
(93)耐アメリカカンザイシロアリ試験法の確立と木材保存剤の効果
(94)シロアリ有翅虫の走光性
(95)北海道産人工林材を活用した単板集成材の開発(3)−接着剤混入処理法を用いて製造したLVLラミナの防腐性能−
(96)ヤマトシロアリのワーカー分化に女王フェロモンと生殖虫抽出物が与える影響
(97)耐久性調査委員会報告
(98)木質材料耐久性規格(案)について
(99)木材保存剤の木杭辺材部への注入性と乾燥方法との関係
(100)エアサンプラーを用いたリスク解析の試み
(101)自然乾燥を利用した部分保存処理の試み
(102)腐朽した土台材中に存在する担子菌類の遺伝子解析
(103)地盤改良用木製基礎杭等の高耐久化に関する技術開発
(104)液状化対策における間伐材打設による水平土圧増加
(105)液状化対策における間伐材打設による地盤の密度増加
(106)間伐材打設による液状化対策の小型振動台実験
(107)大型土槽を用いた地中木材の腐朽実験
(108)間伐材打設による液状化対策の小型振動実験の方法
(109)小型振動実験による間伐材打設間隔と液状化対策効果
(110)CT画像を用いた腐朽材の3次元密度部分の評価
(111)木材保護塗料塗りにおける塗料浸透の解析
(112)木材保護塗料塗りにおける塗料浸透の解析(2)−促進耐候性試験による浸透・分布状態の変化−
(113)Changes in DNA distribution over long-term storage in the wood of Cryptomeria japonica
(114)樹種識別の精度向上に関する最新事情
(115)スギのα-チューブリンおよびβ-チューブリンの塩基配列およびアミノ酸配列の解析
(116)Preliminary results of isotope dendrochronology of teak from Southeast Asia.
(117)安定同位体比・年輪幅によるチーク材の産地判別
(118)Application of Cryo-TOF-SIMS/SEM complex apparatus to the analysis of chemical distribution in freeze-fixed Cryptomeria japonica xylem(急速凍結固定したスギ木部の化学成分分布分析へのCryo-TOF-SIMS/SEMの適用)
(119)樹木木部柔細胞の機能解明に向けた木部成分の細胞レベルの定性・定量解析手法の検討
(120)スギ材形成に関与する遺伝子群の探索(6)−辺材と移行材における発現プロファイル−
(121)Evaluation of white radish sprouts growth influenced by magnetic fields using TOF-SIMS and MCR(ToF-SIMSとMCRを用いた磁界環境によるカイワレ大根芽の成長影響の評価)
(122)Application of TOF-SIMS to the direct determination of plant components and introduction of CryoTOF-SIMS/SEM complex apparatus(植物構成物の直接同定のToF−SIMSへの適用とCryoTOF-SIMS/SEMの紹介)
(123)MCR による植物組織のTOF-SIMS データ解析
(124)Application of TOF-SIMS to the direct determination of plant components and introduction of Cryo TOF-SIMS/SEM system(植物構成物の直接同定のToF−SIMSへの適用とCryoTOF-SIMS/SEMの紹介)
(125)CryoTOF-SIMS/SEMシステムによる植物生体成分の分子マッピングの試み
(126)人為的に傾斜させたアカマツ苗木の圧縮あて材形成過程の解析
(127)ヤツガタケトウヒ心材腐朽の非破壊診断
(128)ヤツガタケトウヒ造林木の成長と材質特性:2×4材の材質
(129)力学的特性の異なるスギ品種の細胞壁成分の多様性に関する研究:へミセルロースの構造的多様性に着目して
(130)クロスラミナティンバーパネル小試験体による寸法安定性の評価
(131)Timber selection for temple and shrine buildings during the early modern Edo period
(132)Improvement of sawing efficiency in sawing frozen wood(凍結材製材の製材効率の改善)
(133)凍結材製材の製材効率の改善
(134)針葉樹桁材の蒸気式高温乾燥−スギ・ヒノキ・カラマツ・アカマツ桁材の乾燥特性−
(135)スギ心去り正角材の乾燥試験による心持ち材との乾燥性の比較
(136)木材の熱処理・乾燥への過熱水蒸気の利用について
(137)乾燥における割れの抑制と過熱水蒸気処理
(138)乾燥機内に桟積みした木材についてインピーダンスモデルによる水分状態の推定
(139)生材状態で熱処理したスギ小試験体の衝撃曲げ性能
(140)Influence of Sawing Patterns on Lumber Quality in Large Sugi Logs.(スギ大径材における製材品品質への木取りの影響)
(141)スギ大径材における丸太材質の樹幹放射方向変動と製材品品質
(142)スギ大径材から製材した心去り平角の品質
(143)Sawing Patterns for Sugi Large Logs Using at Sawmills in Japan(日本の製材工場で使用されているスギ大丸太の木取り)
(144)X線CTスキャンに画像処理を組み合わせた木材乾燥中の含水率・収縮率分布計測
(145)マイクロフィンガージョイントの切削加工時およびたて継ぎ圧締時の消費エネルギー
(146)スギ、ヒノキ板材の乾燥におけるCO2冷媒ヒートポンプ装置の性能
(147)断面寸法120×180mmのスギ心去り平角材乾燥工程の開発
(148)光センサを用いた乾燥室内用重量測定装置の開発
(149)生材状態におけるスギおよびカラマツ丸太の曲げおよび縦圧縮強度性能
(150)マイクロフィンガージョイントでたて継ぎしたスギ材の強度特性−引張力を受けるジョイント部のひずみ分布解析
(151)生材状態で熱処理したスギ小試験体の衝撃曲げ性能
(152)太径ケヤキ丸柱の金輪継手性能
(153)再組立した木造トラス橋の全重量変化と変形の進行(その2)
(154)鋼板添え板ラグスクリューボルト接合によるカラマツ丸太継手試験体の曲げ載荷試験
(155)森林総合研究所モデル木造住宅の柱に生じるひずみ量の経時変化
(156)森林総合研究所モデル木造住宅の性能評価−柱に生じる軸力と温湿度との関係−
(157)実大丸太組居室における生理・心理応答
(158)クリ製材品の強度性能(1)縦引張り強度
(159)岩手県気仙地方におけるナガヤの建築構法
(160)桧枝岐村における板倉の構法特性及びその立地に関する研究
(161)厚物合板と登り梁からなる小屋組の水平加力試験
(162)森林総合研究所モデル木造住宅の性能評価−常時微動測定による建物の振動性状の追跡−
(163)面材釘のせん断試験による各種構造用面材料のせん断弾性係数評価
(164)水分作用処理を施した12mm厚構造用合板−釘接合部の耐久性能評価
(165)各種構造用合板張り軸組構法耐力壁の面内せん断性能と詳細計算法による耐力評価
(166)柱脚接合部の点検が可能な脱着式面材耐力壁システムの開発
(167)LVL を用いたストレストスキンパネルおよび厚板壁によるラーメン構造の実験研究
(168)木造建築教育の現状分析と「木のまち・木のいえ担い手拠点育成事業」への取組(その1)木造建築教育の現状調査と教育プログラムの作成
(169)木造建築教育の現状分析と「木のまち・木のいえ担い手拠点育成事業」への取組(その2)教育プログラムの試行と今後の課題
(170)集成材とLVLによるSSPを柱梁に用いたラーメン構造の実験研究−柱脚接合部−
(171)木のまち・木のいえ担い手育成拠点事業の2年目
(172)長野県産カラマツの縦引張り試験の結果(高温乾燥材と天然乾燥材の比較)
(173)森林総合研究所モデル木造住宅の性能評価−空気音および床衝撃音遮断性能−
(174)拡大した竹林
(175)木材の基本知識
(176)わが国における木質建材と木質構造の変遷−とくにここ四半世紀について−
(177)使って活かす「いろいろ使える国産材」
(178)目からうろこが落ちる木の話
(179)国産材の資源と利用の現状
(180)序文
(181)建築フォラム/つくば基調講演「今さら人には聞けない木のはなし」
(182)スギ需要拡大への挑戦(上)
(183)スギ需要拡大への挑戦(下)
(184)木の常識は非常識
(185)2011年度木材学会木質物性研究会・木材と水研究会合同講演会・見学会の概要
(186)3.6 kW の太陽光発電つきエネルギー自立住宅 茨城県つくば市にある森林研究所の塙藤徳さんが自宅で実証
(187)Q11室内空気中に存在する有害な化学物質を教えて下さい。
(188)Q12木材から出る天然の化学物質や木の香りは体にどのような影響をあたえますか?
(189)保存剤が接着耐久性に及ぼす影響の解明
(190)構造用集成材へのスギ材の利用
(191)中規模木造建築物への再構成材料の利用
(192)Evaluation of equivalence of desiccator methods ISO and JIS standards.(ISO規格とJIS規格のデシケーター法の同等性評価)
(193)身近にある木質材料
(194)平成23年度合板技術講習会の概要
(195)第23回IUFRO世界大会(ソウル・韓国)の概要 3.4ワーキンググループ5.05.00(Composite and reconstituted products: 複合材料・再構成材料) 8. まとめ
(196)岩手県産アカマツ材を原料とした厚さ12mm合板の基礎的性能の解明
(197)地域材を用いた合板の活用による土木資材の開発 地域材を用いた型枠用合板の開発手法の策定
(198)地域材を用いた型枠用合板の開発手法の策定
(199)枠組壁工法建築部における構造材料の試験・評価方法
(200)主要木質系面材料の性能試験、複合パネル・耐力壁関係
(201)厚物構造用合板「ネダノン」の開発
(202)Proposal concerning requirements for fiberboards and particleboard(繊維板、パーティクルボードの要求性能に関する提案)
(203)ISO/TC89(木質パネル)シドニー会議の概要(1)
(204)2.3 木材
(205)木材接着におけるBonding, Debondingのレオロジー
(206)地域材を活用した保存処理合板の開発と性能評価
(207)第32回『木材接着研究会』「いま求められる接着剤-接着剤ユーザー・メーカーの視点から」開催報告
(208)第32回木材接着研究会の概要報告
(209)Q63.集成材の強度は製材の1.5倍って本当ですか?、Q64.LVL・PSLとはどのような材料ですか?、Q66.いわゆるコンパネとは何ですか?、Q67.OSB、MDFとはどのような材料ですか?
(210)製材 2.2 縦圧縮強さ、2.3 縦引張り強さ、2.4 めり込み強さ、2.5 せん断強さ
(211)第61回日本木材学会大会(京都)研究発表の動向 5.強度
(212)構造用木材の強度試験マニュアル(1)
(213)構造用木材の強度試験マニュアル(2)
(214)木質構造の耐火性能
(215)I 集成材の45分準耐火載荷加熱試験、II 集成材の簡易耐火試験
(216)国産材の難燃化処理技術
(217)国産材の新需要創造のための耐火性木質構造材料の開発 全体概要、I-1 集成材への耐火性能付与技術の開発、II-3 EWECS部材の耐火性能評価
(218)難燃材の考え方 難燃処理の技術
(219)発達障害のある人の障害者自立支援法のサービス利用実態に関する調査 第1章 総括
(220)発達障害のある人の障害者自立支援法のサービス利用実態に関する調査 第2章 全国における発達障害のある人の福祉サービス
(221)発達障害のある人の障害者自立支援法のサービス利用実態に関する調査 第5章 障害者施設の実態と動向
(222)高齢者・福祉用具の木材利用
(223)高齢者・障害者に配慮した木製福祉用具の開発
(224)第42回IRG クィーンズタウン大会(IRG42)に参加して
(225)私の家づくり(?)新築体験:一般消費者の目線から
(226)お酢の仲間で木材の性能をアップ!《アセチル化処理》
(227)木材産業等活性化総合対策事業(文化用品等市場開拓型)報告書、II 各分野における地域材利用の現状、問題点、対策等について、4 木製玩具
(228)木材産業等活性化総合対策事業(文化用品等市場開拓型)報告書、II 各分野における地域材利用の現状、問題点、対策等について、6 木製楽器
(229)木材の性質を向上させるアセチル化処理の新手法を開発
(230)少量の高温高圧水で木粉を高速糖化する技術を開発
(231)木材の樹種や木質材料の違いによって燃えやすさに差はありますか?木材の不燃化や難燃化はどのようにして行うのですか?
(232)燃えしろ設計
(233)文献抄録 難燃処理された木材および木質材料に関する研究の進展−中国の場合−
(234)集成材への耐火性能付与技術の開発
(235)2011年度建築学会大会に参加して 木質材料の防火性能に関する研究発表概要
(236)オオナガシンクイムシ
(237)シバンムシ類
(238)木材の組織〜前編〜
(239)シロアリの味・におい嗜好性と行動
(240)木造住宅における防腐・防蟻対策の最新動向
(241)家屋におけるシロアリ・腐朽被害実態に関する検証
(242)熱帯人工林の生物多様性
(243)スギの赤心材と黒心材はどう違うのですか?
(244)防腐について−腐朽のメカニズムから合板の防腐処理まで−
(245)保存処理合板の防腐・防蟻性能について
(246)腐朽危険度に関する検証
(247)保存処理の耐久性と耐久性に関する検討
(248)木材の土木利用拡大に向けた分野横断的取り組み
(249)木材の劣化と対策−1,2
(250)住宅と保存処理
(251)樹種区分
(252)表面処理
(253)加圧式保存処理
(254)耐朽性評価の迅速化を目指して−建築部材や土木資材の耐朽性を短期間で評価する−
(255)保存処理木材の品質
(256)保存処理合板の防腐性能
(257)保存処理木材は何年もつか?
(258)その他の保存処理
(259)保存処理の耐久性と耐久性能に関する検討
(260)腐朽危険度に関する検証関する検証
(261)木材のエクステリア塗装−木目を活かす木材保護塗料塗りの特徴と耐候性−
(262)塗装すると木材の吸放湿性を止めてしまうというのは本当ですか?、屋外で使用する木材はどうしたら美観を長く保てるようなりますか?、木材保護塗料とはどのような塗料で、性能はどの程度ですか?
(263)表面処理したデッキ材の非接地暴露環境における耐久性評価
(264)塗装から見た木材の性質−良い塗装のためには木材の性質を知ろう−
(265)
(266)光合成同化産物の樹木細胞壁への転流と分配
(267)木材の年輪情報から産地を判別する
(268)品種や樹幹内部位によって異なるスギ材の収縮性
(269)Identification of materials of the Quanzhou ship and Samed Nagam ship
(270)新生産システムモデル地域事業報告会の概要
(271)20th International Wood Machining Seminar に参加して
(272)木材工業における加工技術面の課題と展望
(273)木材の乾燥
(274)木材乾燥技術と乾燥材生産の動向
(275)乾燥方法の違いとエネルギーコスト
(276)木材の乾燥
(277)木材表面の微少変形(ひずみ)をとらえて、スギ「心持ち材」を割れなく乾燥する方法
(278)第20回国際木材機械加工セミナー(IWMS-20)に参加して
(279)木材加工機械の安全と管理
(280)木材加工について(9)
(281)木材加工について(10)
(282)木材加工について(11)
(283)木材加工について(12)
(284)木材加工について(14)
(285)X線と3D形状スキャンを組み合わせた欧州アカマツ製材用丸太の心材直径測定
(286)木材加工について(13)単板切削
(287)3.3.平削り,3.4.型削り,3.5.旋削,3.6.せん孔,3.7.研削,3.8.その他の加工
(288)CO2ヒートポンプによる省エネ型木材乾燥装置の開発
(289)超音波を使って木材のめり込み強さを推定する
(290)ベイヒバ無欠点小試験体の強度性能 ?曲げ、縦圧縮、せん断、めり込み?
(291)間伐材を木杭として利用した地盤の流動化・液状化対策の振動台実験
(292)無等級材の基準強度に関する検討
(293)熱処理が木材の強度に及ぼす影響
(294)木材の土木利用拡大に向けた道路関連分野における取り組み
(295)非破壊検査による劣化診断最前線?木造構造物(腐朽度合い)?
(296)接合部の強度劣化評価
(297)「国産スギ、ヒノキ、カラマツの2X4住宅部材開発のための強度測定、データ収集」事業成果報告書 付属資料
(298)6.Q&A
(299)旧くて新しいみち
(300)接合部の経時的な劣化を評価する
(301)2-(1)期限付き建築物のニーズとメリット
(302)書評「コンサイス 木材百科」改訂第2版
(303)建築における木材利用による炭素収支
(304)人−ストレス−自然環境:生理的多型性を切り口として
(305)準耐力壁の耐力は?、剛性は低いが,変形能力が高い壁を用いる場合の設計法は?、乾燥材と未乾燥材の違いによる耐力壁の耐力は?、釘接合部の割れが耐力壁のせん断耐力に及ぼす影響は?
(306)森林総合研究所モデル木造住宅の建設
(307)国産材の需要拡大を目指す環境共生住宅「独立行政法人森林総合研究所実験住宅」
(308)第3章第8節 部材の設計、第3章第9節 接合部の設計
(309)木造軸組構法住宅に使用する木材の品質と耐力壁の性能に関する検証
(310)国産材による2×4部材開発事業の概要
(311)日本木材学会公開シンポジウム「木質資源がこれからの日本に果たす役割」に参加して
(312)国産材の用途拡大を考える
(313)「木造禁止の決議」の社会的背景と影響
(314)五重塔を支える木材
(315)WG10(強度特性値)・WG11(製材の強度クラス)報告
(316)環境負荷低減から見た木材利用の意義
(317)無等級材の基準強度に関する検討
(318)フラボノイド誘導体の抽出方法
(319)耐火集成材
(320)木材の乾燥方法、木材への薬剤浸透方法及び乾燥装置
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166715
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat