E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発

E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発

課題番号2011017662
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(3) 地球温暖化の防止、水源の涵(かん)養、国土の保全、生物多様性の保全等の森林の機能発揮に向けた研究
大課題(3) 地球温暖化の防止、水源の涵(かん)養、国土の保全、生物多様性の保全等の森林の機能発揮に向けた研究
中課題E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要<研究内容>炭素動態観測手法の精緻化のため、長期生態系モニタリングサイトとの連携による東アジア地域フラックス観測態勢を確立し、観測技術や観測データの品質管理を含めた技術的方法論をマニュアル化する。温暖化適応及び緩和技術の開発のため、森林・林業・木材産業を対象とした統合モデルを用い、施策に応じた全国の人工林を対象とした炭素蓄積量の変動予測を行う。森林減少・森林劣化の評価手法と対策技術の開発のため、東南アジア地域のフタバガキ科樹種のDNAレベルの識別を行い、種識別データベースを作成する。広域分布種について、特定地域識別のためのDNAマーカーを開発する。東南アジア湿地林について、住民による資源の持続的利用・管理の実態と政策等を分析し、持続的森林管理・保全政策に必要な条件を明らかにする。<成果の概要と活用>東アジア地域フラックス観測態勢を確立し、関係技術に関するマニュアルを作成しホームページ公開を行った。また、森林・林業・木材産業を対象とした統合モデルを全人工林樹種に対応させ、シナリオ別の炭素蓄積量の変動予測を行った。また、葉緑体DNAによるフタバガキ科樹種の識別技術を開発し、データベースを公開した。東南アジア湿地林について、その土地利用変化を明らかにし、持続的森林管理・保全政策に必要な条件を指摘した。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分委託プロ[気候変動対策プロ] 委託・その他プロ 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 文科省・その他 環境省競争的資金 環境省・その他 その他他省庁経費
業績(1)森林土壌に含まれる糖類へのHPLC高感度分析法の適用
(2)森林の遷移段階を考慮した、高CO2環境条件下における群落レベルでの林冠光合成総生産量の反応予測
(3)炭素・窒素動態モニタリングと予測にもとづく地球温暖化適応・緩和戦略
(4)木質資源利用時代のために
(5)わが国の森林資源と木材流通
(6)高CO2条件下のおける森林群落の総光合成生産量変動の予測
(7)緑陰の温熱環境改善機能を評価し暑熱シェルターとして利用する
(8)2.5 Relaxed Eddy Accumulation, REA Method 、3.3 Air temperature、3.4 Humidity
(9)建築学会大会木材活用に関する研究協議会
(10)4.1 2050年シナリオによる建設資材需要の推移
(11)熱帯林冠木の個葉における均一・不均一な気孔開閉とガス交換速度との関係
(12)キノコを食べてタイ熱帯季節林を再生する
(13)東北タイ・サケラートにおける食用キノコの利用
(14)マレーシアパソ熱帯雨林における根呼吸の特徴−根直径と根組織密度からの探索−
(15)Forest and Human Development: Analysis of Socio-Economic Factors Affecting Global Forest Area Changes(森林と社会発展:世界の森林面積変化への社会経済要因の影響分析)
(16)Automated continuous measurements of 13CO2 concentration and flux from soils in a cool-temperate coniferous forest using a tunable diode laser spectrometer(可変ダイオードレーザ分光計を用いた冷温帯針葉樹林における13CO2濃度と土壌フラックスの連続自動観測)
(17)Characteristics of culm structure and carbon and nitrogen concentrations in dead bamboo culms of two Phyllostachys species (マダケ属2種の枯死桿における構造、炭素濃度および窒素濃度の特性)
(18)国内4地点の森林表層土壌における有機物分解の温度依存性
(19)SIMPLIFIED METHOD OF ESTIMATING PHOTOSYNTHETICALLY ACTIVE RADIATION FROM BASIC METEOROLOGICAL DATA(一般気象データからの簡易光合成有効放射量推定法)
(20)光合成有効放射量の推定方法
(21)Vertical profile of leaf photosynthetic characteristics in a tropical lowland dipterocarp forest at Pasoh, Peninsular Malaysia半島マレーシアパソ低地熱帯林における葉光合成特性の鉛直分布
(22)堆積有機物層の分解過程における炭素・窒素の動態について
(23)Model based analysis of biomass growth curve using eddy covariance observation and biometric observation (渦相関による観測と生物観測を使用した生物成長曲線の解析に基づいたモデル)
(24)Spatial and temporal patterns of the carbon budget in Asia and the uncertainty caused by different gap-filling procedures(アジアにおける炭素収支の時空間パターンと補間手順による不確実性)
(25)Lessons learned from CarboEastAsia MIP: Current status of terrestrial carbon cycle modeling in Asia(東アジア炭素収支モデル相互比較から得られるもの:陸域植生の炭素循環モデル現状)
(26)Decomposition of and Respiration from Coarse Woody Debris in Pasoh Forest Reserve, Malysia(マレーシアパソにおける粗大枯死木からの呼吸と分解)
(27)DNA定量法を用いた細根バイオマス量の測定手法の開発
(28)ブナ北限域・下チョポシナイ川流域におけるブナの樹齢と成長
(29)Landsat ETM+による森林分布図作成と林分材積推定
(30)k-NN法による衛星データを用いた蓄積推定−解析に用いる変数の組み合わせおよび観測時期についての検討−
(31)Footprint for carbon dioxide flux in several sites of FFPRI Fluxnet(森林総研フラックスネットの炭素フラックスフットプリント解析)
(32)土壌に残された野火の歴史
(33)タイの熱帯季節林の復元−キノコを食べて森林再生−
(34)草原とひとびとの営みの歴史−堆積物と史料からひもとかれる「眺めのよかった」日本列島
(35)森林群落へのHsiehモデルの適用によるスカラーフラックスのフットプリント解析
(36)Enrichment Planting in Degraded Tropical Secondary Forest in Ayer Hitam Forest Reserve, Peninsula Malaysia(半島マレーシアアエルヒタム保護林における劣化した二次林のエンリッチメントプランティング)
(37)Is variation of soil respiration linked to diurnal patterns of photosynthesis? : Carbon partitioning by 13C pulse labeling(土壌呼吸の変動は光合成の日変化とリンクしているか?13Cパルスラベリングによる炭素分配解析)
(38)コラム:根粒菌の活動
(39)大気オゾン濃度の上昇は樹木の二酸化炭素吸収量を低下させる
(40)大気二酸化炭素濃度の上昇と土壌の乾燥によって樹木の光合成はどのように変化するのか
(41)Seasonal fluctuations in growth/decline and single-leaf gas exchange of C3 turfgrass fields under various light conditions様々な光条件下におけるC3芝の個葉ガス交換と成長/枯死の季節変動
(42)Predicting impact of climate change on potential habitats of some forest dominant species in Japan(日本における森林優占種の潜在分布域に温暖化が与える影響予測)
(43)分布北限域ブナ孤立林の樹齢構造
(44)北海道黒松内低地帯とその周辺域に分布するブナ林の種組成と林分構造−ミズナラ林との比較−
(45)タイにおける新鮮葉の安定炭素同位体比(δ13C)
(46)北上山地中央部の亜高山帯域における完新世中期以降の植生変遷
(47)日本の枯死針葉樹材の分解度による材密度の推定
(48)The effect of patchy stomatal behavior on leaf- and canopy-scale CO2 flux of a tropical rainforest in Peninsular Malaysia, Pasoh半島マレーシアパソ熱帯雨林におけるパッチ気孔開閉が個葉と樹冠スケールのCO2フラックスに与える影響
(49)Simple models for soil CO2, CH4, and N2O fluxes calibrated using a Bayesian approach and multi-site data.(複数サイトのデータを用いベイズアプローチで構築したシンプルな土壌CO2, CH4, N2Oフラックスモデル)
(50)COP17では何が議論されるのか?−森林分野での論点−
(51)Soil Carbon Stock in Cambodian Monsoon Forests
(52)森林における枯死木、リター、土壌の炭素蓄積量の全国調査
(53)放射性炭素を用いた土壌有機物の分解性の定量化
(54)書評「人は土をどうとらえてきたか」
(55)湿地林におけるヤチダモ樹幹からのメタン放出の律速要因
(56)二国間クレジット制度におけるREDD+の位置付け
(57)第二期森林土壌インベントリ方法書 (1)野外調査法
(58)Increasing trends of soil greenhouse gas fluxes in Japanese forests from 1980 to 2009.(1980年から2009年にかけて日本の森林土壌における温室効果ガスの吸排出フラックスは増大傾向を示していた)
(59)第二期森林土壌インベントリ方法書 (2)試料分析・データ入力法
(60)森林土壌における温室効果ガス吸収・排出量の広域評価
(61)REDD+実施に求められる炭素蓄積量把握のための地上調査のあり方-PSPというアプローチ-
(62)長期森林動態データを活用した東アジア森林生態系炭素収支観測ネットワーク(EA-FDPN)の構築
(63)Potential carbon stock in Japanese forest soils ? simulated impact of forest management and climate change using the CENTURY model.(日本の森林土壌の炭素蓄積量予測-CENTURYモデルを用いた森林管理と気候変動の影響評価)
(64)Stocks and flows of coarse woody debris in a hill dipterocarp forest in peninsular Malaysia(半島マレーシア丘陵フタバガキ林の粗大有機物の現存量と供給量)
(65)アマゾン熱帯林における粗大有機物(CWD)の現存量について
(66)JSPS-JICA Programme: Development of integrated utilisation system of oil palm biomass.(JSPS-JICA事業:オイルパームバイオマスの総合的利用システムの開発)
(67)マレーシアにおけるオイルパームバイオマス利用促進に関する調査研究報告
(68)REDD+は熱帯林を救えるか?
(69)森林保全資金メカニズム導入へ専門技術育成が優先課題
(70)タイ国における数種の人工林の土壌水分
(71)公開セミナー報告「地球の肺−アマゾンの森をはかる−」
(72)栗駒山(シリーズ森めぐり)
(73)Analyzing the Effects of Environmental Factors on the Site Indexes of Sugi (Cryptomeria japonica) and Hinoki (Chamaecyparis obtusa) Manmade Coniferous Forest Stands in the Shikoku National Forest Using GIS(四国国有林におけるスギとヒノキ人工林の地位指数に与えた環境要因の影響分析)
(74)A new scheme for initializing process-based ecosystem models by scaling soil carbon pools.(物質循環モデルを、土壌炭素プールをスケーリングすることで初期化する新しい手法)
(75)地球規模の課題に挑戦する国際共同研究
(76)Photosynthetic down-regulation in leaves of Japanese white birch grown under elevated CO2 concentration does not change temperature-dependent susceptibility to photoinhibition
(77)高二酸化炭素環境下で生育したシラカンバ苗木の光合成機能へのオゾン影響評価
(78)Topics towards COP17: Major issues on REDD+ including MRV, frameworks, costs and benefits
(79)熱帯季節林における林分構造と気温・湿度との関係
(80)高二酸化炭素環境下で生育したコナラ苗木の光合成機能へのオゾン影響評価
(81)ミクロネシア連邦ポンペイ島におけるフタバナヒルギ丸太の分解
(82)Stable carbon isotopic ratio (δ13C ) of fine roots in tropical forests(細根の炭素同位体比)
(83)Mitigation Options in the Forestry Sector to Climate Change
(84)土壌攪乱後に天然更新したケヤマハンノキ林分における窒素固定量の評価
(85)Real time, continuous measurements of CO2 and H2O isotopes in the forest using laser absorption spectrometers(レーザー分光同位体計測装置を使用した森林内二酸化炭素および水蒸気同位体比のリアルタイム計測)
(86)Chloroplast DNA haplotype variations among Siebold's beech, Fagus crenata, observed at its northernmost island distribution(北限のブナにおけるクロロプラストDNAハプロタイプ)
(87)Strong genetic drift and the diversity decline at the northward expanding marginal populations of Fagus crenata(ブナの北限域における強い遺伝的浮動と多様性の低下)
(88)東北タイ・サケラートにおける郷土樹種育成の試み−とくに複層林施業について−
(89)Gene Flow, Mating Systems, and Inbreeding Depression in Natural Populations of Tropical Trees
(90)ラオス焼畑栽培システムにおける各炭素フラックスの時系列変化
(91)REDD+の現状と課題
(92)PALSAR干渉処理を用いた中央カリマンタンに於ける泥炭層の地盤沈下と温室効果ガス発生量の推定
(93)Changes of soil nitrogen transformations in forest ecosystem under the climate gradient in Japanese archipelago(日本列島の気候傾度における森林生態系の窒素動態の変化)
(94)Gross niitrification rates in four Japanese forest soils: Heterotrophic versus autotrophic and the regulation factors for the nitrification(日本の4種の森林土壌における総硝化速度:従属栄養と独立栄養の割合および硝化の制御要因)
(95)東北タイ、ラムセバイ河畔域の54年間の土地利用変遷過程
(96)樹冠内の光環境を考慮して評価したヨーロッパブナ成木の光合成へのオゾン 影響
(97)Effects of elevated atmospheric carbon dioxide, soil nutrients and water conditions on photosynthetic and growth responses of Alnus hirsuta.(ケヤマハンノキの高CO2に対する光合成と成長反応に及ぼす土壌養分・水分条件の影響)
(98)Tree Biomass Carbon Stock Estimation using Permanent Sampling Plot Data in Different Types of Seasonal Forests in Cambodia
(99)Contributing REDD-plus through research and development of forest carbon monitoring methodologies -Endeavors of REDD R&D Center-(森林炭素モニタリング手法の研究・開発を通した、REDDプラスへの貢献)
(100)Topographic variation in heterotrophic and autotrophic soil respiration in a tropical seasonal forest in Thailand. (タイ熱帯季節林における微生物呼吸と根呼吸の地形による変動)
(101)信州の埋没黒ボク土:2006年7月豪雨災害で露出した埋没黒ボク土の年代と成因
(102)第5章森林所有者の経営意向
(103)Land cover change in Se Buy River basin, Northeast Thailand
(104)極限環境に生きる森林の姿−アラスカ内陸部の永久凍土上に広がるマリアナトウヒ林−
(105)東北タイ、ラムセバイ川河畔湿地林周辺での樹木利用について
(106)Forest dynamics of sesonal flooded forest along the Lam Se Bai River, Noetheast Thailand
(107)Swamp forest resources to sustain livelihood of local residents - with special reference to potential demand for construction in case of a riparian forest at Lam Se Buy river, Yasothon, northeast Thailand
(108)自然撹乱が北限のブナの分布を広げた
(109)森林の分布と気候変動
(110)地球温暖化と北の森
(111)Lightning surge countermeasures.(避雷対策)Detection and reduction of noise.(ノイズのチェックと対策)
(112)研究室紹介「森林総研REDD研究開発センター」
(113)Options for monitoring and estimating historical carbon emissions from forest degradation in the context of REDD+(REDD+における森林劣化からの過去の炭素排出のモニタリングと推定のためのオプション)
(114)3.9 Data Logger(データロガー)
(115)3.1 Radiation(放射)
(116)林野火災にあいやすい森林とは?
(117)台風攪乱による、北方森林生態系のCO2収支の変化
(118)IKONOS画像のオブジェクトベース解析による地上部バイオマスの推定−マレーシア・サバ州中央部の熱帯生産林を事例に−
(119)ブータンにおける森林・林業分野の研究課題(1)−ユシパン再生可能自然資源研究開発センターとの林業・森林生態セミナーを終えて−
(120)ブータンにおける森林・林業分野の研究課題(2)−ユシパン再生可能自然資源研究開発センターとの林業・森林生態セミナーを終えて−
(121)Potential of forest biomass estimation with topographic variables generated from SRTM data.(SRTMデータより算出した地形変数群による森林バイオマス推定の可能性)
(122)Practical Handbook of Tower Flux Observation(タワーフラックス観測マニュアル)2.4 CO2 storage change (2.4章を担当)
(123)木材の需要と供給−国産材の利用拡大のために−
(124)「建築ビジョン2050」行動計画−木材学会の取り組み−
(125)森林吸収源インベントリ事業の全5年間の調査結果の解析(1)枯死木の炭素蓄積量とその分布
(126)Reconstruct the forest change history of the past and future(過去と未来の森林変化の履歴の再構築)
(127)放射性炭素を用いた土壌有機物動態の解明
(128)公共建築物の木造化への現状と課題
(129)生物多様性のための熱帯林の保全と育成
(130)合法木材が守る世界の森林?国際的な違法伐採対策
(131)REDDプラス
(132)Recuding Emission From Deforestation and Forest Degradation
(133)森林における土壌有機物の分解と蓄積−時間スケールの違いからみえてくる土壌有機物の挙動
(134)REDDプラス予言の書−吉良竜夫著作集(1)(2)−
(135)可視化手法を用いたブラックカーボン粒子の樹木葉への吸着機構の解明
(136)REDDプラス関連文献リストと我が国関係者によるREDDプラス関連事業一覧表の紹介
(137)Organic carbon dynamics of decomposing litter and peat in a tropical mangrove forest on Pohnpei Island, Federated States of Micronesia.
(138)樹木の葉面に人工的に暴露した硫酸アンモニウム乾燥粒子の局在解析
(139)森林生態系のCO2収支を、微気象学的手法と生物観測手法から相互チェック!−CO2の動きをより高精度に、より解りやすく−
(140)アラスカ、シベリアの森林−永久凍土の役割と森林火災の影響
(141)Impact of climate change on canopy CO2 and H2O exchange of a tropical rainforest in Peninsular Malaysia, Pasoh(気候変動が半島マレーシアパソにおいて熱帯雨林のCO2とH2O交換に与える影響)
(142)森林炭素モニタリング技術開発の現状
(143)熱帯林バイオマス推定におけるリモートセンシングデータと地上調査の誤差
(144)Choices of methods for estimating anthropogenic GHG emissions from tropical forests under various forms of human intervention
(145)森林資源調査データによる林分構造の広域モニタリング手法の開発
(146)Soil organic matter decomposability in four Japanese forest soils(4ヶ所の森林土壌における土壌有機物の分解性について)
(147)REDDプラス方法論の簡素化
(148)国内4地点の森林における土壌有機物の分解性の比較
(149)Preface(前書き)、3.1 Radiation Appendix 3.1-1 (3.1 放射 3.1-1 付録)
(150)Tropical seasonal forest monitoring using PALSAR data(PALSARデータを用いた熱帯季節林のモニタリング)
(151)Seasonal variations of stable carbon isotopic composition and biogenic tracercompounds of water-soluble organic aerosols in a deciduous forest
(152)択伐を受けた熱帯林のD-H関係を用いた3次元構造の類型化
(153)REDDプラス政策の立案・運用面における課題
(154)Biogenic Volatile Organic Compound Emissions from Tropical Tree Species in Malaysia(マレーシアにおける熱帯樹木からの生物由来揮発性有機物の発生)
(155)REDD+における社会的セーフガード
(156)REDD+におけるセーフガードの論点−実証活動における地域住民の権利の位置づけ
(157)カンボジアにおけるREDD+実証活動の動向
(158)Spatial variations in evapotranspiration over East Asian forest sites. (II) Surface conductance and aerodynamic conductance(東アジア森林における蒸発散の地域変動2:群落・境界層コンダクタンス)
(159)Spatial variations in evapotranspiration over East Asian forest sites.(I) Evapotranspiration and decoupling coefficient (東アジア森林における蒸発散の地域変動1:蒸発散量とデカップリング係数)
(160)Fate of organic carbon during decomposition of different litter types in Japan(日本の異なる樹種における分解過程での有機炭素の挙動)
(161)日本の森林土壌における各種糖の分解と合成
(162)森林における表層土壌の現地窒素無機化速度推定の精度検証
(163)An Ecoinformatics Application for Forest Dynamics Plot Data Management and Sharing(森林動態プロットデータの管理と相互利用のための生態学インフォマティクスの適用)
(164)Soil carbon stock and their changes following forest degradation in tropical monsoon forest in southeast Asia(東南アジアの熱帯季節林における土壌炭素蓄積とその森林劣化にともなう変化)
(165)放射性炭素を利用した分解性別土壌有機炭素の深さ分布推定
(166)Observation of the scale of patchy stomatal behavior in leaves of Quercus crispula using Imaging-PAM chlorophyll fluorometers(イメージングクロロフィル蛍光測定装置を用いたミズナラの葉のパッチ機構開閉のスケールの観測)
(167)熱帯雨林における表層土壌水分の空間分布−マレーシア・パソ森林保護林の事例−
(168)公共的な木造建築物の建設時における実施主体の実態調査
(169)「書評」溶存有機物の動態と機能 −土壌―河川―海を結んで−
(170)Comparison of depth- and mass-based approaches for estimating changes in forest soil carbon stocks: A case study in young plantations and secondary forests in West Java, Indonesia
(171)近赤外分光法を用いた枯死木腐朽材の木材成分測定
(172)全天空写真撮影によるブナ林内光環境推定手法の検討
(173)人工林の長期成長モニタリング
(174)1.1 The Obsevation site, 1,2,5 Observation Hut, 1.3 Measurement variables.(1.1観測サイト、1.2.5観測小屋、1.3観測項目)
(175)クローバーとの混植がエゾノキヌヤナギの高CO2濃度下における光合成特性に与える影響
(176)人工林における倒木の材密度変化の推定
(177)Forest structure and species composition of seasonal flood forest along the Se Buy River in Yasothon Province, Northeast Thailand
(178)近赤外分光分析法による倒木のリグニン・ホロセルロースの定量について
(179)Modeling tree mortality using the Cox proportional hazards model based on data derived from permanent plots of Cryptomeria japonica planted forest(コックス回帰モデルによるスギ人工林枯死推定モデルの構築)
(180)A review of methods to measure and monitor historical carbon emissions from forest degradation(森林劣化からの過去の炭素排出を計測、モニターするための手法のレビュー)
(181)Active layer depth regulates forest biomass regime in permafrost region.(凍土地帯では活動層の層厚が森林現存量の値幅を規定している。)
(182)Understanding local needs is the first step for developing policies that support sustainable management of swamp forests by local people
(183)REDDプラスと森林認証 経済的インセンティブの罠
(184)REDD プラス、プロジェクトレベルの活動だけでは国際目標達成に不十分
(185)カラマツ属3種のポット苗における光合成速度の温度および蒸気圧欠差に対する反応
(186)八幡平赤川湿原付近における過去約1万年間の植生史
(187)Vegetation changes through Glacia/Interglacial cycles for the last 450,000 years in eastern Eurasia, Kamiyoshi Basin, western Japan and Lake Baikal, southeastern Siberia.(東ユーラシア、西日本の神吉流域と南東シベリアバイカル湖における過去45万年間の植生変化)
(188)Growth performance of indigenous tree species under uneven-aged forest management in Northeast Thailand(東北タイの異齢林施業における郷土樹種の成長特性)
(189)森林モニタリングのための樹形および森林の構造解析とその応用
(190)八幡平赤川湿原周辺における約1万年間の植生変遷
(191)Growth performances of three indigenous tree species planted under a mature Acacia mangium plantation with different canopy openness under tropical monsoon climate(熱帯モンスーン気候下のアカシアマンギウム人工林に植えた郷土樹種の成長特性)
(192)Seasonal change in N2O flux from forest soils in a forest catchment in Japan
(193)相馬市玉野溜池周辺における酸素同位体ステージ3の植生変遷
(194)Difference in impacts of abrupt climate changes on vegetation records between southeastern Siberia and western Japan, East Eurasia.(東ユーラシア南東シベリアと西日本の間の植生記録に現れた急激な気候変動応答の違い)
(195)Fine root dynamics in a young hinoki cypress (Chamaecyparis obtusa) stand for three years following thinning.(ヒノキ若齢林における間伐後3年間の細根動態)
(196)Fine root production and turnover in forest ecosystems in relation to stand and environmental characteristics.(森林生態系の細根生産、細根ターンオーバーと林分特性、環境条件との関係)
(197)スギ10林分における細根生産量の評価
(198)小型レーザスキャナによる森林の3次元計測技術
(199)Characterization of soil organic carbon in Cambodian forest by density fractionation approach
(200)土壌の深度および質量ベースの炭素蓄積量の経年変化:インドネシア西ジャワ州における植林地の事例
(201)ルートメッシュ法を用いた細根生産量測定手法の検討
(202)比重分画を用いた土壌炭素蓄積の評価−熱帯季節林域における立地との対応−
(203)Comparison of mesh materials in the root mesh method.(ルートメッシュ法におけるメッシュ材料の比較)
(204)森林吸収源インベントリ事業の全5年間の調査結果の解析(3)土壌の炭素蓄積量とその分布
(205)カンボジア玄武岩域の熱帯季節林土壌の理化学特性
(206)National Inventory of Soil Carbon Stock In Japanese Forest Confirmed Historical Human Impact On Soil Degradation for Hundred of Years (日本の森林土壌炭素蓄積量インベントリが明らかした数百年にわたる歴史的な人為影響による土壌劣化)
(207)近畿・中国地方の森林土壌の炭素蓄積量が少ないのは人為影響によるのか
(208)森林土壌からの温室効果ガスフラックスに及ぼす積雪影響
(209)Estimation of above-ground biomass of mangrove forests using high-resolution satellite data (高分解能衛星データを用いたマングローブ林の地上部バイオマスの推定)
(210)Modeling of canopy gap dynamics in mangrove forests using multi-temporal high resolution satellite data(時系列高分解能衛星データを用いたマングローブ林における林冠ギャップの動態のモデリング)
(211)ルートメッシュ法によるヒノキ人工林における細根生産速度の推定
(212)Species composition and tree growth of two tropical heath forest types in Sabah, northeastern Borneo(東北ボルネオ、サバ州における2つの熱帯ヒース林タイプの種組成と樹木の成長)
(213)Elongation and turnover of fine roots in a sugi (Cryptomeria japonica) plantation under a manipulated soil nitrogen condition.(土壌窒素条件を変化させたスギ人工林における細根の伸長とターンオーバー)
(214)Developing a national-level system for simulating the forest carbon dynamics of Hinoki planted forests in Japan(ヒノキ人工林を対象とした日本全国スケール炭素動態シミュレーションシステムの構築)
(215)Comparing effects of harvest and replanting on national-level carbon dynamics between major planting species in Japan(日本全国における主要造林樹種の炭素動態に対する伐採・再造林の効果の比較)
(216)過密人工林分におけるバイオマス推定式の検証
(217)Effects of initial stand age distribution on simulations of the national scale forest carbon dynamics of Sugi planted forest.(初期齢級配置が国家スケールでのスギ人工林炭素動態シミュレーションに及ぼす影響)
(218)Estimation of three-dimensional structure of tropical rain forest using GLAS ICEsat data(GLAS/ICEsatデータを用いた熱帯雨林の3次元構造の推定)
(219)森林における枯死木、リター、土壌の炭素蓄積量の全国調査−過去4年間のまとめ−
(220)森林資源モニタリング調査データを用いたスギ人工林成長パターンの地域比較
(221)REDDにおける参照レベル設定のためのリモートセンシングの活用
(222)ここまで明らかになった日本の森林土壌からの温室効果ガスフラックス−観測ネットワーク構築からモデルを用いた全国評価−
(223)南タイ、ラノンにおける大津波後のマングローブ林生態系の動態
(224)A study of natural forest type classification for Japanese National Forest Inventory data.
(225)土壌炭素窒素動態モデルの開発に向けたリター分解に関する既往情報の解析
(226)Seasonal patterns and control factors of CO2 effluxes from surface litter、 soil organic carbon、 and root-derived carbon estimated using radiocarbon signatures(放射性炭素同位体を用いたリター、土壌有機物、根由来炭素からのCO2放出量の季節変化と制御要因の解明)
(227)ミクロネシア、ポンペイ島サンゴ礁型マングローブ林の森林動態と炭素固定機能−1ha固定プロットにおける16年間の観測研究−
(228)ミクロネシア連邦ポンペイ島エスチュアリ型マングローブ林の森林動態と炭素固定機能−1ha固定プロットにおける17年間の観測研究−
(229)北限域低地ブナ林における遺伝的多様性
(230)火災履歴の異なるマリアナトウヒ林における年間土壌呼吸量の推定
(231)SEASONAL CHANGES IN CO2, CH4, N2O, AND NO FLUXES FROM A FOREST SOIL NEAR URBAN AREA IN JAPAN
(232)「森のバランス」編集から考えた「森林研究のバランス」
(233)Greenhouse gas fluxes from peatland soils in Central Kalimantan, Indonesia
(234)地下水位と土壌pHが熱帯泥炭地の土壌呼吸に与える影響
(235)愛媛県松山市での放置モウソウチク林の炭素循環量測定について
(236)Simple models for soil CO2, CH4, and N2O fluxes calibrated using a Bayesian approach and multi-site data.(複数サイトのデータを用いベイズアプローチで構築したシンプルな土壌CO2, CH4, N2Oフラックスモデル)
(237)高密度に支柱根が発達したRhizophora stylosa林の地上部現存量の推定−ミクロネシア連邦ポンペイ島の事例−
(238)Pattern in root respiration rates with their morphological traits in 13 tree species in tropical forest(熱帯雨林における13樹種の形態学的特徴と根呼吸量のパターン)
(239)タワーデータから算定した群落炭素収支機能パラメータ
(240)Male fecundity and pollen dispersal in hill dipterocarps: significance of mass synchronized flowering and implications for conservation.
(241)Inter-Site Comparison of Ecosystem Physiological Parameters of Asian Forest(アジア森林の生態生理パラメータのサイト間比較)
(242)Growth and photosynthetic traits of hybrid larch F1 (Larix gmeliniivar. aponica × L. kaempferi)   under elevated CO2 concentration with low nutrient vailability
(243)Leaf phenology in two types of dry dipterocarp forests in Cambodia(カンボジアの2つの乾燥フタバガキ林の葉のフェノロジー)
(244)Measurement of autotorophic respiration of tree in Pasoh -from leaves to roots-(パソにおける同化呼吸の測定−葉から根まで−)
(245)Simulating larch forest across Eurasia to East Asia(ユーラシアカラマツ林の炭素収支シミュレーション)
(246)Relationship between LUE and tower-observed spectral vegetation indices in a tropical rainforest at Pasoh, Peninsular Malaysia半島マレーシアパソ熱帯雨林における光利用効率と分光植生指数との関係
(247)Biogenic volatile organic compound emissions from 38 tropical tree species in Malaysia(マレーシアにおける38樹種からの生物由来揮発性有機物の発生)
(248)高CO2環境下で、森林の光合成生産量は増大するであろうか?
(249)General allometric equations for Eucalyptus camaldulensis and other tree species.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat