I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発

I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発

課題番号2011017666
研究機関名森林総合研究所
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(4) 林木の新品種の開発と森林の生物機能の高度利用に向けた研究
大課題(4) 林木の新品種の開発と森林の生物機能の高度利用に向けた研究
中課題I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
大項目第1 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発の推進
摘要<研究内容>マツノザイセンチュウ被害により消失の危機にあるアカマツ遺伝資源を効果的に保存するため、全国の天然集団から採取した試料を用いてDNA分析等を行い、地理的な遺伝変異を解明する。森林遺伝資源としての樹木に関する種識別の基盤となる保全・評価技術を開発するため、日本産樹木種の試料を収集し、DNAバーコード領域の塩基配列情報を集積する。環境ストレス耐性等を備えたスーパー樹木の開発に役立つスギ等樹木のゲノム情報の充実を図り、スギ雄性不稔遺伝子に連鎖するDNAマーカーの開発を行う。ユーカリが保有する新たなアルミニウム無害化物質の構造を解明する。マツタケのゲノム解読と宿主感染に関わる発現遺伝子の情報収集を行うとともに、きのこ栽培に有用なLED照明法を開発する。バイオテクノロジーの育種への利用技術を開発するため、雄性不稔候補遺伝子を導入した組換えスギの作出を進めるとともに、組織培養による機能性樹木(特殊な機能を有する樹木)の再生条件を解明する。<成果の概要と活用>森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発を進めるため、核SSRマーカーに基づくアカマツの遺伝変異の検出、日本産樹木のDNAバーコードデータベースの構築、雄性不稔遺伝子に連鎖するDNAマーカーの開発、樹木の新規アルミニウム無害化物質の構造決定、きのこ栽培に有用なLED照明法の開発、スギの不稔化に必要な遺伝子プロモーターの開発等について目標を十分に達成する成果を得た。特に、日本樹木におけるDNAバーコード分類システムの開発や雄性不稔スギを早期選抜できるDNAマーカーの開発は画期的であり、シイタケの全ゲノム情報の公開、多数の遺伝子情報によるスギの天然林と精英樹の遺伝構造の違いの解明等は計画以上の成果である。加えて、政府の要請を踏まえ、スギ花粉に含まれる放射性セシウム濃度の推定手法の開発やヒラタケの放射性セシウム吸収を抑えた栽培法の開発等原発事故によるスギ花粉及びきのこの放射能汚染への緊急調査等、社会ニーズに対応した特筆すべき成果を得た。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[光応答プロ] 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費]
業績(1)Isolation and characterization of 52 polymorphic EST-SSR markers for Callitris columellaris (Cupressaceae)(Callitris columellaris(ヒノキ科)の52個の多型的EST-SSRマーカーの単離とキャラクタライゼーション)
(2)自然環境保全センター樹木観察園におけるサクラの種および栽培品種の目録と開花季節
(3)シイとそれを食する複数の植食性昆虫に共通する遺伝構造
(4)サクラの開花情報を生物学的に考える
(5)ナラの休眠に関連した遺伝子の探索
(6)新宿御苑の桜 新サクラウォッチング
(7)スギのEST-SSRの解析およびマーカー開発
(8)Novel enzymatic activity of cell free extract from thermophilic Geobacillus sp. UZO 3 catalyzes reductive cleavage of diaryl ether bonds of 2,7-dichlorodibenzo-p-dioxin.(2,7-ジベンゾパラダイオキシンのジアリルエーテル結合を還元的に切断する高熱性細菌Geobacillus sp. UZO3株の新規な酵素活性)
(9)広葉樹林下で発生するマツタケ近縁種のコナラ,ウバメガシおよびアカマツへの接種による菌根形成
(10)小笠原諸島西島における外来樹種モクマオウの急速な分布拡大
(11)The soybean F3'H protein is localized to the tonoplast in the seed coat hilum.
(12)遺伝子からみた小笠原の野生植物の生態とその保全
(13)Host specificity of T. matsutake and its related species in vitro - screening strains for cultivation (マツタケ及びその近縁種の宿主特異性−人工栽培のための菌のスクリーニング)
(14)樹木の遺伝的変異の研究と森林・林業
(15)マツタケ研究のこれまでとこれから
(16)Tree composition and stand structure in the habitats of a rare tree species, Acer pycnanthum, with special reference to the human impact.(希少樹種ハナノキ自生地における樹木群集の組成および林分構造とその人為的影響)
(17)サクラの系統と病害
(18)Mycorrhizal symbiosis of matsutake mushrooms in vitro ?screening strains for cultivation (マツタケの菌根合成試験)
(19)Improvement in the ozone tolerance of poplar plants with an antisense DNA for 1-aminocyclopropane-1-carboxylate synthase(ACC合成酵素を導入した遺伝子組換えポプラにおけるオゾン耐性の改変)
(20)The construction of a high-density linkage map for identifying SNP markers that are tightly linked to a nuclear-recessive major gene for male sterility in Cryptomeria japonica D. Don (スギの雄性不稔遺伝子に強く連鎖したSNPマーカー決定のための高密度連鎖地図の構築)
(21)Gene Discovery for Bud Dormancy Induction and Release in Oak by 454-Pyrosequencing and Q-PCR Analysis
(22)Detection of genes involved in bud phenology in sessile oak (Quercus petraea Matt. Liebl) combining digital expression analysis and Q-PCR.
(23)ストレス耐性植物の作出
(24)Genetic and species diversities on the communities of four Quercus species in the northern Tunisia(チュニジアにおけるQuercus属4種の遺伝的多様性と種多様性)
(25)希少樹種の現状と保全−保全のための課題と対策−
(26)日本産樹木DNAバーコーディング−2011年度 rbcL,matK,trnH-psbA−
(27)Putative hybrid origin of the endangered diploid willow Salix hukaoana
(28)Conservation of a threatened riparian tree Salix hukaoana
(29)Collection of expressed genes from the transition zone of Cryptomeria japonica in the dormant season(休眠期のスギ移行材で発現している遺伝子の収集と解析)
(30)Ecology, genetics and conservation of a threatened riparian tree Salix hukaoana
(31)Post-maturation treatment improves and synchronizes somatic embryo germination of three species of Japanese pines(成熟化後処理は、日本産マツ3種の不定胚における発芽率と発芽時期の均一化を向上させる)
(32)Down-regulation of UDP-arabinopyranose mutase reduces the proportion of arabinofuranose present in rice cell walls.(UDPアラビノースムターゼの抑制によるイネ細胞壁のアラビノフラノース存在比の低下)
(33)The effects of plant size and light availability on male and female reproductive success and functional gender in a hermaphrodite tree species, Magnolia stellata.(個体サイズと光環境が雌雄同株のシデコブシの雌性および雄性繁殖成功と機能的性に与える影響)
(34)ケショウヤナギの低密度化が花粉の移入率と花粉親の多様度に与える効果
(35)スギ雄花着生量に関与する遺伝子座の遺伝解析
(36)Development of EST-SSR markers for Elaeocarpus photiniifolia (Elaeocarpaceae), an endemic taxon of the Bonin Islands. (小笠原諸島の固有種シマホルトノキのEST-SSRマーカーの開発)
(37)西之島付近に新たなエイリアン?
(38)White root rot disease of the lacquer tree Toxicodendron vernicifluum caused by Rosellinia necatrix (Rosellinia necatrix によるウルシの白紋羽病)
(39)スギ遺伝子保存林の再造成技術−SSRマーカーによる遺伝的多様性評価からのアプローチ−
(40)Generation of expressed sequence tags、 development of microsatellite and single nucleotide polymorphism markers in Primula sieboldii E. Morren (Primulaceae) and its effectiveness for analysis of genetic diversity in natural and horticultural populations
(41)Host specificity of T. matsutake and its related species in vitro - screening strains for cultivation (マツタケ及びその近縁種の宿主特異性−人工栽培のための菌のスクリーニング)
(42)花と昆虫の関係から小笠原生態系の異変を見る
(43)ハナシノブを守る−生物多様性の保全
(44)葉緑体DNAを用いたブナの地理変異の解明と種苗配布区域の提案
(45)シデコブシの訪花昆虫と雌性繁殖成功との関係
(46)核および葉緑体DNA多型に基づく静岡県伊豆地域のサクラの解析
(47)Clonal variation in heartwood norlignans of Cryptomeria japonica: evidence for independent control of agatharesinol and sequirin C biosynthesis(スギ心材ノルリグナンのクローン間変異:アガサレジノールとセクイリンC生合成の独立制御の証拠)
(48)Preservation of an in vitro propagated endangered species Pinus armandii var. amamiana (Koidz,) Hatsushima.(組織培養で増殖された絶滅危惧樹木ヤクタネゴヨウの保存)
(49)アカマツ天然集団における雌雄配偶子レベルでの遺伝子流動が種子散布段階の遺伝的多様性にもたらす寄与
(50)Vegetation status on Nishi-jima Island (Ogasawara) before eradication of alien herbivore mammals: rapid expansion of an invasive alien tree, Casuarina equisetifolia (Casuarinaceae)
(51)Alien pollinator promotes invasive mutualism in an insular pollination system
(52)ナガバキブシとハザクラキブシ
(53)Metapopulation structure of a seed-predator weevil and its host plant in arms race coevolution(軍拡共進化における種子食ゾウムシとそのホスト植物のメタ個体群構造)
(54)ミニ林木育種事典「着果量の年変動」
(55)Prospects for genomic selection in conifer breeding: a simulation study of Cryptomeria japonica.
(56)雌性配偶体を利用して、アカマツ種子の父親と母親を区別する
(57)Agrocybynes A-E from the culture broth of Agrocybe praecox(フミヅキタケ培養液からの天然物アグロシベネスA−E)
(58)ブナ精英樹・ケヤキ広葉樹優良形質候補木の着花状況
(59)Development of highly polymorphic nuclear microsatellite markers for Hinoki (Chamaecyparis obtusa)
(60)Effects of pollen supply and quality on seed formation and maturation in Pinus densiflora
(61)葉緑体DNAと核マイクロサテライト変異に基づく静岡県内ブナ集団の遺伝的系統の推定
(62)Conservation of a critically endangered shrub species Stachyurus macrocarpus var. prunifolius (Stachyuraceae) based on the ubiquitous genotyping approach
(63)小笠原諸島西島における外来樹種モクマオウの急速な分布拡大
(64)花と昆虫の関係から小笠原生態系の異変を見る
(65)単独性ハナバチが優占する小笠原諸島の固有送粉系の現状
(66)小笠原諸島西島における外来草食動物駆除後の樹木の更新状況
(67)QTL analysis of heterostyly in Primula sieboldii and its application for morph identification in wild populations
(68)北海道に生育するアオダモの9年間の開花状況
(69)マルチキャビティコンテナを用いた産地の異なるアオダモ実生苗の育成経過
(70)ウルシ林の持続的管理
(71)Molecular characterization of a novel mycovirus in the cultivated mushroom, Lentinula edodes.(栽培シイタケの新規菌類ウイルスの遺伝子構造の解析)
(72)Japanese beech (Fagus crenata) plantations established from seedlings of non-native genetic lineages
(73)ヒノキ人工林の成長過程における樹冠および林分構造の変化
(74)岩手県のウルシ栽培林に発生した紫紋羽病菌
(75)岩手県の栽培ウルシ林で採集された紫紋羽病菌,Helicobasidium属3種
(76)複数領域を用いたマツタケ近縁種の系統解析
(77)接種試験によるサクラ類増生病に対するサクラ自生種・品種群の感受性の傾向
(78)多摩森林科学園のサクラ類に発生したいくつかの増生病とその樹体への影響
(79)日本産松茸及其近縁種的宿主特異性
(80)Ligularia virgaureaの形質とL. fischeriiの遺伝的変異について
(81)Liguralia virgaureaの遺伝変異
(82)Possibility of Identification at Species and Population levels for Daphne (Thymelaeaceae) by DNA barcoding(DNAバーコーディングによるジンチョウゲ属の種及び集団レベルの識別可能性)
(83)Molecular Phylogeny and Ecological Evolution on Daphne (Thymelaeaceae)(ジンチョウゲ属の分子系統と生態進化)
(84)遺伝子組換え技術による無花粉スギの開発
(85)漆サミット2012 
(86)ウルシに関する研究プロジェクトと成果の普及について
(87)ウクライナとロシアでの放射線研究集会での話題
(88)植物化石とDNAからみた温帯性樹木の最終氷期のレフュージア
(89)ブラジルでのIUFRO樹木バイオテクノロジー2011交際集会の概要−3年生で平均樹高16mのユーカリ検定林を見学−
(90)日本の森林・林業の再生に向けて
(91)阿武隈高地において生息域内保存されているモミ林木遺伝資源のモニタリング
(92)木本植物の分子育種の現状
(93)森林に及ぼす放射線の影響
(94)北海道内に設定されたミズナラ産地別試験地の初期成長経過
(95)多摩森林科学園におけるサクラの品種別腐朽被害
(96)環境保全に貢献するスーパー樹木の開発に向けて
(97)心材の構造と形成
(98)Springtime phenological responses in a survival analysis framework.
(99)林木のジーンバンク事業について
(100)ウルシの苗から漆液の採取まで
(101)ウルシの果実から作るローソクの製作工程
(102)Genetic Mapping in Conifers
(103)産地試験から得た成長と形態の特性を統合した利用面からの産地評価の試み−有名スギ及びファルカタの産地試験の事例−
(104)スギ生立木樹幹内水分量の10年間の変化
(105)Histochemical changes in ray parenchyma cells of Larix kaempferi during transition from sapwood to heartwood(カラマツ放射柔細胞の辺心材移行における組織化学的変化)
(106)北海道内におけるアオダモ種子および実生子葉形状ついて産地間変異と産地環境の検討
(107)楕円フーリエ記述子にもとづく主成分スコアを用いたアカマツ種子形状の地理的変異の評価
(108)自然散布種子の胚乳と雌性配偶体のSSR分析によるモミの花粉と種子を介した遺伝子流動の推定
(109)Tissue culture of two medicinal trees native to Japan(日本に自生する薬用樹2種の組織培養)
(110)Cesium transfer in cultured trees in vitro - Assessing phytoremediation ability under controled condition -(組織培養された樹木でのセシウムの移行−管理された条件での環境修復能の検定−)
(111)樹木によるセシウムの吸収特性
(112)絶滅危惧薬用樹木ワダツミノキの組織培養による増殖
(113)Assesing the cesium transfer coefficiet using in vitro cultured trees(組織培養樹木を用いたセシウム移行係数の測定)
(114)Cryomicrodissection法によるスギ胚珠組織の単離と発現遺伝子プロファイリングへの試み
(115)残留性有機汚染物質 (POPs) 分解酵素遺伝子を導入したカボチャ毛状根によるヘキサクロロシクロヘキサン分解能の解析
(116)barnaseのタペート組織特異的発現による優性の雄性不稔イネの開発?遺伝的組換え頻度を飛躍的に高める育種法の開発に向けて
(117)Patterns of nucleotide diversity and association mapping.
(118)北海道育種場内のアオダモ天然集団の開花周期と結実状況
(119)マルチキャビティコンテナで育成したアオダモの成長パターン
(120)盛岡で生育した産地の異なるブナクローンの年輪幅変動
(121)ブナにおける花芽形成遺伝子FT の構造と機能の分子的解析
(122)ブナ (Fagus crenata) FcCO遺伝子の機能解析
(123)アカマツの林木遺伝資源モニタリング試験地における成木、種子、実生段階の遺伝変異
(124)アカマツ天然集団の球果形質変異と核SSRに基づく遺伝変異の関係
(125)核SSR分析に基づく日本国内アカマツ集団の遺伝構造の推定
(126)広葉樹の種苗の移動に関する遺伝的ガイドライン
(127)樹木の環境適応的遺伝子
(128)「広葉樹の種苗の移動に関する遺伝的ガイドライン」パンフレット発行
(129)分子生態学のための基礎遺伝学、地域環境に適応的な遺伝子の検出、DNA マーカーの種類とその利用法
(130)研究室訪問シリーズ(13)−森林総合研究所樹木分子生物研究室−
(131)ヒラタケ科、キシメジ科、モエギタケ科、チャヒラタケ科
(132)Introduction of Toxicodendron vernicifluum Stokes (lacquer tree) and its implication during the prehistoric Jomon period in Japan
(133)First report of Triphaenopsis jezoensis (Insecta, Lepidoptera, Noctuidae) feeding on dwarf bamboo spikelets and caryopses.(オクヤマザサの花穂および種子を食べるエゾキシタヨトウに関する初の報告)
(134)ウルシ材の材料特性
(135)放射線による被害を予測する−樹木への放射線の影響を解明−
(136)西ティモールにおける植林樹種
(137)Tribe Eupatoriae(ヒヨドリバナ属)
(138)トドマツにおける植栽後40年の成長の産地変異
(139)Estimation of outcrossing rates at small-scale flowering sites of the dwarf bamboo species, Sasa cernua.
(140)乾シイタケのニオイ
(141)きのこのウイルス
(142)林地でのキノコ等特用林産物の生産技術の開発
(143)環境汚染物質を分解する微生物を発見
(144)キクラゲ
(145)シイタケゲノム解読とその利用
(146)研究室訪問シリーズ(15)−森林総合研究所ストレス応答研究室−
(147)きのこのゲノム解読.
(148)ウルシ材の化学特性
(149)ヒラタケ(Pleurotus ostreatus)のセシウム含有量
(150)塩素化ダイオキシン分解菌Geobacillus sp. UZO3株の機能解析
(151)Reduvtive cleavage of diaryl ether bonds of 2,7-dichlorodibenzo-p-dioxin by cell free extract from Geobacillus sp. UZO3. (Geobacillus sp. UZO3株の無細胞抽出物による2,7-ジベンゾパラジオキシンのジアリルエーテル結合の還元的開裂)
(152)SINE型レトロトランスポゾン解析に基づくマツタケ類の分子進化の解明
(153)トランスポゾンを指標にしたマツタケ類の分子進化の解明
(154)megB1, a macroevolutionary genomic marker specific to the phylum Basidiomycota, and its assocaited phylum-specific short interspersed nuclear elements designated AbaMEG1 and AbaMEG2(担子菌門分子進化マーカーmegB1とこれを構成するSINE型レトロトランスポゾンの解明)
(155)土壌の置換がマツタケの菌環の拡大に及ぼす影響
(156)Pollen diameter of Sasa cernua MAKINO and S. senanensis (FRANCH. & SAVAT.) REHD. in small-scale flowering at Sapporo, central Hokkaido.
(157)ヒラタケのセシウム含有量に与える培地添加物の影響
(158)Synergistic reaction of manganese peroxidase and glyoxal oxidase occurred at hyphal tips of a white-rot fungus Phanerochaete crassa WD1694.
(159)Light-stimulative effects on the cultivation of edible mushrooms by using blue LED.
(160)Light-stimulative effects on the cultivation of edible mushrooms by using blue LED(食用きのこ栽培における青色LEDの効果)
(161)重力が影響を及ぼすキノコのかたちづくり−遺伝子発現の宇宙環境シミュレーション−
(162)ジャン・アンリ・ファーブル「昆虫記第10巻」(1907年)
(163)ヤコブ・クリスチャン・シェファー「バイエルン,パラティナータ・レーゲンスブルグ周辺に生える菌類図譜」
(164)Cryptomeria
(165)Climatic Gradients of Arms Race Coevolution(軍拡共進化の気候勾配)
(166)野性きのこの利用ときのこ中毒
(167)ウルシ材の抽出成分
(168)成分育種を目的としたワダツミノキの組織培養とカンプトテシン含有率
(169)杉のジテルペン合成酵素に関する研究
(170)減数分裂に特異的なDmc1遺伝子を利用したスギ組換え体の作出
(171)スギの花成制御を目指したMADS-box遺伝子組換え体の作出
(172)複数の雄性不稔家系を用いたスギ花粉形成に関わる遺伝子群の解析
(173)スギ雄花の網羅的発現解析による雄性不稔に関わる遺伝子群の探索
(174)アルミニウム結合能を有するEucalyptus camaldulensisの加水分解性タンニン
(175)強酸性土壌を緑に−ユーカリのアルミニウム無害化物質の発見−
(176)ユーカリのアルミニウム結合性フェノール物質の解析
(177)Simple strain typing of shiitake mushroom (Lentinula edodes) using the FTA card. (FTAカードを用いたシイタケ株の簡易識別法)
(178)遺伝子組換え樹木の創出のためのポプラ環境ストレス耐性遺伝子の探索
(179)培養条件の異なるヤツガタケトウヒ細胞におけるプロトプラスト単離効率の比較と植物体再分化
(180)抵抗性クロマツ由来種子から誘導したプロトプラストからの不定胚形成と植物体再生
(181)ヤツガタケトウヒのプロトプラスト培養による不定胚の形成と発芽
(182)ヒメバラモミ未熟種子からの不定胚誘導
(183)アレルゲンフリーのスギ個体作出を目指した形質転換体の開発
(184)貴重なヒノキ天然林の遺伝的特徴を評価する
(185)オオシマザクラの生葉からのシュート再生
(186)ジベレリン生合成酵素遺伝子を導入した組換えポプラの作出と解析
(187)分布域全体におけるホオノキの遺伝的多様性の分布
(188)Evaluation of intraspecific variation in Magnolia kobus in northeastern Japan: Can variety borealis be recognized by using microsatellite markers and leaf morphology?(東北のコブシの種内変異の評価:マイクロサテライトと葉形は変種のキタコブシとの違いを分けられるか?)
(189)Application of DNA barcoding technique in detection of food plants for endangered red-headed wood pigeon.(絶滅が危惧されるアカガシラカラスバトの食性植物解析のためのDNAバーコード技術の適用)
(190)本州から九州までのホオノキ集団における遺伝的多様性および遺伝的構造の評価
(191)ブナの核発現遺伝子における塩基配列を用いた集団遺伝学的解析
(192)DNA barcoding on woody plants in Japan -Focus on some taxonomic groups-(日本産樹木種におけるDNAバーコーディング)
(193)Association study for genomic selection in Cryptomeria japonica
(194)バカマツタケの菌糸伸長および胞子形成への窒素源の影響
(195)SNPマーカーを用いたスギの環境適応的遺伝子の検出及び連鎖地図上での位置
(196)SNPマーカーを用いたスギの適応的遺伝子の検出と環境要因との関係及び連鎖地図上での位置
(197)樹木の環境適応的候補遺伝子の検出
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166721
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat