(エ)さけます資源の維持と合理的な利用技術の開発

(エ)さけます資源の維持と合理的な利用技術の開発

課題番号2011017678
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題イ.沿岸漁業の振興のための水産資源の積極的な造成と合理的利用並びに漁場環境の保全技術の開発
中課題(エ)さけます資源の維持と合理的な利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要サケ、カラフトマス、サクラマス、ベニザケについて個体群維持のためのふ化放流を実施するとともに、モニタリング調査を実施した。1990年代後半から顕著になったサケ来遊数の隔年変動が、太平洋に面する地域の河川集団で生じていることを明らかにするなど、地域個体群の資源状態を把握した。野生サクラマス個体群への温暖化影響を調査し、温暖化はスモルト年齢やスモルトサイズの多様性の低下に繋がることが示唆された。卵仔稚魚期における減耗状況を調査し、卵膜軟化症、水生菌、原虫病、鰓病等が種苗安定生産阻害要因として挙げられた。健苗性を評価する手法について情報収集し、行動的観点、生理的観点、耐性的観点から評価指標を抽出した。サケ来遊数の隔年変動の要因検討に着手した。ベーリング海で7〜8月に表層トロールによるモニタリング調査を実施し、サケの資源動態モデルにおいて年齢別調査CPUEが翌年の日本系サケの来遊数推定に利用できる可能性が見出された。時間的空間的な遺伝構造把握のため、7河川のサケ親魚の遺伝標本を採集し一塩基多型分析を行った。沿岸漁獲サケの地域個体群の起源を耳石温度標識分析の結果から精査した。沿岸で漁獲されるカラフトマスについて、耳石標識魚混入率と放流魚の施標率を比較・評価項目として用い、沿岸漁獲物中の野生魚比率を83.4%と推定した。
研究分担(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,ふ化放流技術グループ
(独)水産総合研究センター,増養殖研究所,資源生産部
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,増養殖管理グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,資源増殖グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,水産情報工学グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,資源増殖グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,沿岸資源グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,千歳さけます事業所
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,資源評価グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,繁殖保全グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,繁殖保全グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,ふ化放流技術グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,ふ化放流技術グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,資源増殖グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,増養殖管理グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,ふ化放流技術グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,資源評価グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,繁殖保全グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,さけます資源部,繁殖保全グループ
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 文科省・JST競争的資金 その他他省庁経費 水産庁交付金
業績(1)?北海道日本海におけるサケの資源変動
(2)Microsatellite identification of Canadian sockeye salmon rearing in the Bering Sea
(3)The summer 2011 Japanese salmon research cruise of the R/V Hokko maru
(4)?Effects of juvenile size at release and early marine growth on adult return rates for Hokkaido chum salmon (Oncorhynchus keta) in relation to sea surface temperature
(5)北海道東部根室海峡周辺で採集された「サケマス」のDNA分析による交雑判別
(6)ヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子をコードする好塩性乳酸菌由来プラスミドの構造解析
(7)貝毒検査の精度向上に向けた取り組み
(8)Genetic structure and diversity of Japanese kokanee Oncorhynchus nerka stocks as revealed by microsatellite and mitochondrial DNA markers
(9)Involvement of sex steroids luteinizing hormone and thyroid hormones in upstream and downstream swimming behavior of land-locked sockeye salmon Oncorhynchus nerka
(10)? “競争劣位種”ブラウントラウトがヤマメ生息下で定着できた理由〜ニッチシフトのタイミングのずれに着目して〜
(11)サケ(シロザケ)日本系
(12)成長に伴うニッチシフトの時間的“ずれ”が在来種と外来種間の種間競争を軽減する
(13)Interpopulation variation in adult body size and secondary sexual traits of sea-run male masu salmon: a preliminary study
(14)小課題名「サケ幼稚魚の成長の比較」
(15)出現予測技術の高度化
(16)Japanese Bibliography in 2010-2011 for NPAFC Science Plan
(17)Do small tributaries function as refuges from flooding? A test in a salmonid dominated mountainous river
(18)?鱗相解析による沿岸漁獲サケの地域起源
(19)クエの系群構造と資源動向の把握
(20)Body size variation of juvenile chum salmon among three coastal areas of Hokkaido, northern Japan
(21)Status of hatchery-origin chum salmon in the Bering Sea deduced from otolith mark recoveries
(22)?Cyclic fluctuations in chum salmon abundance along the Pacific coast of Hokkaido, Japan
(23)Stock-specific ocean distribution of immature chum salmon in the summer Bering Sea inferred from SNP markers
(24)Thermal habitats of Pacific salmon: Does climate change benefit pink and chum salmon?
(25)Releases of otolith marked salmon from Japan in fall of 2010 and spring of 2011
(26)ワカサギふ化仔魚と初期餌料のマッチ・ミスマッチにおける水温の影響
(27)?河川におけるサケとサクラマスの稚魚の定位点選択
(28)分光学的手法による簡易Hm測定法の開発
(29)北海道噴火湾のホタテガイ養殖に被害を与えたヨーロッパザラボヤAscidiella aspersaのDNA塩基配列による同定
(30)石狩川上流域におけるサケの放流と遡上について
(31)2011年度 支笏湖におけるヒメマスの資源動態について
(32)誘引施設の開発と設置
(33)Winter Distribution and Trophic Status of Pacific Salmon in the North Pacific Ocean under Changing Climate
(34)河川内における密度依存的なサケ稚魚の成長と競争様式
(35)北太平洋沿岸各国におけるサケ属魚類の資源動態
(36)?北海道日本海におけるサケ(Oncorhynchus keta)年級群豊度の変動特性
(37)日本系サケ個体群の遺伝的評価:現状と今後の課題
(38)書籍紹介「南米チリをサケ輸出大国に変えた日本人たち」
(39)太平洋サケ属の生息水温:気候変化はカラフトとサケよりもサクラマスにとってより深刻?
(40)東日本大地震が本州太平洋サケ資源と漁業に与える影響評価:シナリオ分析による問題の抽出
(41)ミトコンドリアDNAを用いた日本系カラフトマス集団の遺伝構造解析
(42)Body size trends along vertical and thermal gradients by chum salmon in the Bering Sea during summer
(43)サケの未来学(16)生息水温と温暖化
(44)水温と塩分がサケの初期生残に与える影響
(45)サケ幼稚魚の成長の比較
(46)コラム:サケ稚魚は何を食べているのでしょう?
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166733
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat