(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発

(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発

課題番号2011017686
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題エ.水産物の安全・消費者の信頼確保と水産業の発展のための研究開発
中課題(イ)省エネルギー・省コスト技術の活用による効率的な漁業生産システムの開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要80トン型まき網漁船の転覆事故を避けるための対策技術の一つとしてバルジ(船の舷側の喫水線付近に付けられる膨らみ構造)の付加、デッキの嵩上げの他、ブルワーク(甲板外側防壁)の複板化による浮力体化が有効であることを提案した。小型まき網20トン未満船3隻からなる1そうまき網操業によって生産された活餌がかつお釣り船に利用できることを検証した。燃油消費の可視化装置の設計・試作と検証を小型沿岸漁船等で行い、主機関の燃料消費値(L/h)以外に航行距離当たりの燃油消費量(L/mile) 等の表示をリアルタイムで見せることが減速運航に繋がり、省エネ化に有効であった。漁労作業中の身体負荷について分析し、底びき網漁業では床置きの漁獲物を扱う際に、定置網漁業では網おこし等の際に、高い身体負担がかかっていた。まき網漁船や調査船若鷹丸にイルカ型対象判別ソナーを装備し、魚群の音響データの収集を行った。また、広帯域音響等による種判別システムの概念設計を行った。いか釣漁船の船上漁灯の出力を削減するために水中漁灯を用いた調査を行った。
研究分担(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産業システム研究センター
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁船工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁船工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁船工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁船工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁具・漁法グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産業システム研究センター,生産システム開発グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,水産情報工学グループ
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚類開発調査グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁船工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,水産情報工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,水産情報工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,漁船工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産業システム研究センター,エネルギー利用技術グループ
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,底魚・頭足類開発調査グループ
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,底魚・頭足類開発調査グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産業システム研究センター,エネルギー利用技術グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産工学部,水産情報工学グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産業システム研究センター
協力分担関係神戸大学
広島商船高等専門学校
予算区分水産庁交付金 その他 その他他省庁経費 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・その他プロ 委託プロ[光応答プロ]
業績(1)イルカ型対象判別ソナーの開発2 魚の内部構造
(2)イルカ型対象判別ソナーの開発5 まき網漁業への応用
(3)イルカ型対象判別ソナーの開発6 今後の展望
(4)スルメイカの視覚特性とイカ角視認能力
(5)音響タグによる漁灯のスルメイカ集魚効果範囲の推定
(6)小型底びき網漁業における省力・省エネ化技術の開発研究−3−高揚力オッターボードを用いた実操業試験−
(7)エネルギー需給関係に基づくサケ放流数の検討
(8)LED灯下におけるスルメイカの視覚特性
(9)赤色LED光源を用いたスルメイカ飼育水槽暗視観察システムの構築
(10)東日本大震災被災地の沿岸漁船復旧への取り組み
(11)?社会情勢の変化および漁場選択による小型イカ釣り漁業の所得変動
(12)広帯域スプリットビームシステムの開発について
(13)三陸におけるカタクチイワシの活餌の供給
(14)燃油消費量を計測して省エネ化
(15)?次世代イカ釣り漁業の構築
(16)Range-wide and micro-scale acoustic survey for the conservation of freshwater porpoises in China
(17)平成18〜22年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:いか釣り漁業)の調査概要及び平成23年度調査について
(18)Flexible Architecture of Multi-color LED Optical Resource System with Wireless LAN
(19)平成18〜22年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:いか釣り漁業)の調査概要及び平成23年度調査について
(20)ペルー沖アメリカオオアカイカ漁業の釣獲特性:製品サイズ組成の季節変動と海洋環境および生物学的特性の関係
(21)声で見つける海洋動物
(22)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の計算-第2報:短波長入射波の場合-
(23)大波高波浪中の造波抵抗の計算
(24)Excelを用いた沿岸漁船の航行速力の適正化
(25)バラストタンクによるホタテ採取漁船の省エネ化
(26)船体付加物の省エネ改造と回流水槽での操縦性能実験の検討
(27)声を聞いて海洋動物の数を知る
(28)大波高向い波中の造波抵抗について
(29)大波高向い波中を航行する薄い船に働く流体力の計算法
(30)延縄漁船の省エネ改造について
(31)表計算ソフトを用いた沿岸漁船の航行速力適正化
(32)いか釣漁業における船上灯出力削減に向けた効率的な漁業生産システムの開発
(33)労働力構造からみた島根県大田市と近隣地域の漁業の特徴
(34)島根県大田市における小型底びき網漁業の労働実態について
(35)我が国の漁業の労働災害分析活動に関する考察
(36)Finding baiji and freshwater finless porpoises in the Yangtze River, China
(37)Planning of a fishing vessel for sustainability based on the fleet cost saving
(38)?Fishery income fluctuation by selecting fishing ground in the Japanese coastal squid jigging fishery
(39)安全で快適な漁業労働を実現するための研究 −底びき網漁業における漁獲物選別作業の比較−
(40)アメリカオオアカイカ調査結果の概要
(41)水産総合研究センター調査結果と計画
(42)日本海北部海域でのスルメイカ操業における水中灯を併用した省エネ型操業の検討
(43)新・陽光丸に搭載されたマルチビーム計量魚探ME70のトライアル
(44)2艘しらす船曳網漁業における省エネルギー操業について(燃料消費特性と張力,船速の関係)
(45)生鮮かつお水揚げ作業に用いる岸壁設備と作業速度について
(46)大中型まき網漁業のミニ船団化および単船化
(47)統計モデルを用いたアメリカオオアカイカのサイズ選択漁獲の検討
(48)海草葉上付着生物は付着ケイ藻を表す指標となりうるか?
(49)海洋水産資源開発事業(いか釣)調査結果及び計画概要報告
(50)Geographical distribution of calanoid copepods in the western subarctic North Pacific during 2001-2009
(51)Long term monitoring of zooplankton collected around Japan
(52)Development of an acoustic-optical system
(53)First trial of multibeam echosounder ME70 mounted on YOKO-MARU
(54)全体の漁業生産量と船体コストに基づく漁船の計画手法
(55)大波高向い波中を航行する薄い船に働く流体力の計算法及び数値計算プログラムNLTST-1992
(56)広島県呉市における養殖かき収穫作業時の生産設備と作業者の身体負担について
(57)Direct counting of porpoises using stereo acoustic event recorders
(58)旋回運動データの逐次データ同化による操縦性指数の推定
(59)大型クラゲの音響モニタリング調査の高精度化 - 計量魚群探知機,曳航式ビデオカメラ,目視の手法間比較 -
(60)マグロ類のターゲットストレングススペクトルの測定
(61)北太平洋で観測したマイクロネクトンの日周鉛直移動時の姿勢分布および自然状態ター ゲットストレングス測定と理論モデルによる検証
(62)海洋水産資源の広域可視化構想
(63)廃食油BDFの船舶利用における潤滑油影響
(64)非線形自己回帰モデルによる横揺れのバイスペクトル推定
(65)A stereo acoustic event recorder for monitoring abundance and movements of dolphins and porpoises
(66)安心して刺身で食べられる「沖締め凍結サバ」
(67)新しい主力サンマ漁船の緊急建造のための船型開発
(68)講演:平成23年度海洋水産資源開発事業成果報告会 大中型まき網の単船化
(69)講演:平成23年度海洋水産資源開発事業成果報告会 三陸におけるカタクチイワシ活餌の供給
(70)平成23年度海洋水産資源開発調査事業(速報)
(71)Do Porpoises Choose Their Associates? A New Method for Analyzing Social Relationships among Cetaceans
(72)Preliminary evaluation of underwater sound detection by the? cephalopad statocyst using a forced oscillation model
(73)M系列信号を用いた新型超音波バイオテレメトリーシステムの開発
(74)Passive acoustic survey of Yangtze finless using a cargo ship as a moving platform
(75)Validation Attempts on Draft New Generation Intact Stability Criteria
(76)Normal 0 0 2 false false false MicrosoftInternetExplorer4 Broaching Prediction of a Wave-Piercing Tumblehome Vessel with Twin Screws and Twin Rudders
(77)Normal 0 0 2 false false false MicrosoftInternetExplorer4 Influence of Side-Hull Positions on Dynamic Behaviors of a Trimaran Running in Following and Stern Quartering Seas
(78)有用水産生物の光応答メカニズムの解明及び高度利用技術の開発「マツカワのEIRG計測」
(79)Callback response of dugongs to conspeciffic chirp playbacks
(80)漁船の船体リニューアルによる省エネ技術の開発
(81)イルカ型対象判別ソナーの開発
(82)In situ and ex situ target strength measurement of mesopelagic lanternfish, Diaphus theta (family myctophidae)
(83)Direct counting of porpoises using stereo acoustic event recorders
(84)A stereo acoustic event recorder for monitoring abundance and movements of dolphins and porpoises
(85)廃食油BDFの船舶利用における潤滑油への影響
(86)Normal 0 0 2 false false false MicrosoftInternetExplorer4 Measurement System for Hydrodynamic Forces Actin on a Largely Heeled Ship Running in Following and Quartering Seas
(87)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の計算-第2報:短波長入射波の場合-
(88)大波高向い波中の造波抵抗について
(89)非線形力学システムと時系列モデルの関係に関する一考察‐船舶の復原性システムへの応用-
(90)Successive inverse estimation of directional wave spectra by using ship motions based on state-space modeling procedure
(91)表計算ソフトを用いた沿岸漁船の省エネルギー化
(92)大波高向い波中を航行する薄い船に働く流体力の計算法
(93)Analysis of ship behavior in tsunami using AIS data
(94)?荒天時の船体運動と貨物損傷の関係について
(95)平成23年度沿岸いか釣調査結果概要報告
(96)ミトコンドリアDNA分析から推測されたアカイカの遺伝的集団構造について
(97)CREST「 海洋生物の遠隔的種判別技術の開発」平成23年度年次報告
(98)平成23年度沿岸いか釣調査結果報告
(99)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の長波長近似計算法及び数値計算プログラムNLRIW-LW2011
(100)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の短波長近似計算法及び数値計算プログラムNLRIW-SW2011
(101)平成23年度漁船リニューアル促進技術開発事業報告書
(102)An International Quiet Ocean Experiment
(103)Automated real-time acoustic detection of fin whale calls at the deep sea floor observatory off Kushiro-Tokachi, Japan
(104)喫水線上の船型の影響を考慮した波浪中抵抗増加の近似計算法及び数値計算プログラムNLWRIW-SB2011
(105)2次元多胴浮体間の造波干渉圧力計算法及び数値計算プログラムClsFt1-2009
(106)ダブルFADs及び光刺激装置を併用したメバチ混獲回避試験結果報告書
(107)生簀におけるマグロ類の音響判別
(108)? 音響・光学観測システム(J-QUESTχ)搭載用イメージインテンシファイアカメラシステムの開発
(109)舶用防腐板
(110)リングホルダおよびこれを用いた旋網の操業方法
(111)小型ステレオ超音波受信装置を用いた物体との相対位置を連続して測定する方法
(112)救命装置
(113)トロール拡網体
(114)水中探知装置
(115)波力発電方法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166741
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat