(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存

(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存

課題番号2011017690
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(2)研究開発等の重点的推進
大課題オ.基盤となるモニタリング及び基礎的・先導的研究開発
中課題(ウ)遺伝資源、標本等の収集・評価・保存
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1 研究開発等
摘要育種素材として有用種の収集を継続するとともに、微細藻類、ワムシ、スサビノリについて特性評価等を行った。3つのサブバンクからなる保存管理体制を整備して配付方法の簡素化を図るなど保存管理体制を整備した。また普及活動に努めて有償配布実績は78点となり、目標40点を大きく上回った。動物プランクトン・卵稚仔標本については、都道府県が採集した標本のうち、動物プランクトンを東北水研に、卵稚仔を中央水研に、それぞれ集約して一元管理するシステムを構築した。魚類標本では、重点海域(日本海・東シナ海)及び他海域において採集された標本2,189個体、DNA541個体、写真548個体を登録した。HPに登録済み魚類標本のデータベースを作成・公開した。
研究分担(独)水産総合研究センター,増養殖研究所,養殖システム部
(独)水産総合研究センター,増養殖研究所,養殖技術部
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,資源生産部,初期餌料グループ
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,海産無脊椎動物研究センター,貝類グループ
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究,生産環境部,生産変動グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源生産部,沿岸資源グループ
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,資源生産部,藻類グループ
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産物応用開発研究センター,衛生管理グループ
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産物応用開発研究センター,衛生管理グループ
(独)水産総合研究センター,増養殖研究所,病害防除部,免疫グループ
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,資源海洋部,生態系動態グループ
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋・生態系研究センター,モニタリンググループ
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋・生態系研究センター,資源生態グループ
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,業務推進部,標本管理室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,業務推進部,標本管理室
(独)水産総合研究センター
(独)水産総合研究センター
(独)水産総合研究センター
(独)水産総合研究センター
(独)水産総合研究センター
予算区分水産庁交付金
業績(1)Pan-North Pacific comparison of long-term variation of Neocalanus copepods based on stable isotope analysis
(2)福岡県豊前海河口域に生育するアサクサノリの発見
(3)バラスト水浄化膜の性能評価のためのプラシノ藻類テトラセルミスの有効性
(4)効率的かつ高品質なワムシ大量培養のための培養管理技術
(5)海産魚類種苗生産における微細藻類の重要性〜特にナンノクロロプシスについて〜
(6)コンブ類生産量モニタリングの提案(口頭発表)
(7)Pseudoalteromonas atlantica AR06株ゲノムのアガラーゼとアルギン酸リアーゼの解析
(8)ヒスチジン脱炭酸酵素遺伝子をコードする好塩性乳酸菌由来プラスミドの構造解析
(9)親潮および黒潮親潮移行域における動物プランクトンの近年の動向
(10)海洋細菌Pseudoalteromonas atlantica AR06株ゲノムのアルギン酸代謝関連遺伝子の解析
(11)Monitoring the change of coastal ecosystem and fisheries productions by using aquaculture system
(12)Recent change of Neocalanus copepods biomass in the Oyashio waters, western North Pacific?
(13)Biomass estimates of Euphausia pacifica using MOHT in the Oyashio region
(14)水産生物遺伝資源保存事業(ジーンバンク事業)での生物餌料の有償配布について
(15)東北海域のオキアミ漁況―2011年漁況のまとめ−
(16)第3期中期計画における「水産生物遺伝資源保存事業(ジーンバンク事業)」の運営方針および平成23年度実施推進計画
(17)瀬戸内海における希少アマノリ類の調査その3
(18)土佐湾におけるマイワシ・カタクチイワシ仔稚魚の餌料環境と摂餌生態
(19)増殖率に優れる生物餌料の有償配布に向けて:微細藻類(「水産生物遺伝資源保存事業(ジーンバンク事業))」での活動)
(20)生物多様性把握のためのDNAバーコーディング
(21)平成23年度水産生物遺伝資源保存事業報告書
(22)種判別における鑑定基準DNAの証拠標本保存に関する近年の動向、とくにDNAバーコーディングの推進について
(23)?First record of Amarsipus carlsbergi (Perciformes: Stromateoidei: Amarsipus) from Japan and a northernmost range extension.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166745
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat