寒冷積雪地帯での土地資源と自給飼料を活用した肉用牛飼養技術の開発

寒冷積雪地帯での土地資源と自給飼料を活用した肉用牛飼養技術の開発

課題番号2011017531
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
大課題地域条件を活かした多様な自給飼料多給型家畜生産及び高付加価値畜産物生産技術の開発
中課題寒冷積雪地帯での土地資源と自給飼料を活用した肉用牛飼養技術の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(2) 自給飼料基盤の拡大・強化による飼料生産性向上と効率的利用技術の開発
摘要放牧後の代償性成長を活用した放牧肥育に関しては、a)赤身牛肉生産について、放牧終了後の舎飼い肥育において起こる代償性発育の開始時期を8週間程度遅延させても、肥育終了時の体重や枝肉成績に影響は認められず、より効果的な増体が可能であることを示した。b)赤身肉フレーバー評価法の確立について、水分を多く含む赤身肉では揮発性成分を抽出するファイバーに結露が生じ定量的サンプリングの障害となりうるが、80℃のオーブン内で抽出することで結露を防ぎ、牛肉の揮発性成分が定量的に回収できることを明らかにした。c)確立した手法を用いることで牛肉の香り成分であるδ-テトラデカラクトンは脂肪量に比例して増加し、γ-ノナラクトンは脂質過酸化の程度に比例して増加することを明らかにした。また、牛脂肪中のラクトン類の揮発性は貯蔵により高まることを明らかにした。 寒冷地積雪地域の多様な自給飼料資源を活用した黒毛和種生産技術に関しては、寒冷地積雪地域での冬季屋外飼養について、厳冬期に終日屋外飼育された牛はコルチゾールなどのホルモン分泌量を変化させて血糖値を維持しえることを示した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作
協力分担関係岩手県農業研究センター畜産研究所
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託プロ[国産飼料プロ] その他
業績(1)Effects of alpha-tocopherol on the formation of lactones in beef rendered fat
(2)無洗米副産物を用いたLactobacillus brevesIF012005によるγ-アミノ酪酸の生産
(3)乳廃牛のロース芯カルニチン含量に及ぼす最終乳期搾乳量の影響
(4)ヒツジを用いた動物介在イベントが参加者の唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響
(5)シバ草地に親子放牧した日本短角種の発育と栄養評価
(6)Meat quality from the cattle raised with organic and conventional diet.
(7)Cloned Cows with Short Telomeres Deliver Healthy Offspring with Normal-length Telomeres
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166783
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat