土壌生物機能を核とした土壌生産力評価法の開発

土壌生物機能を核とした土壌生産力評価法の開発

課題番号2011017559
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2011-2015
年度2011
研究問題(1)土壌生産力の総合的管理による持続的生産技術の開発
大課題土壌生物機能を核とした土壌生産力評価法の開発
中課題土壌生物機能を核とした土壌生産力評価法の開発
大項目食料安定供給のための研究開発
中項目(5) 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの確立
摘要農地土壌中の微生物相の把握と作物の生産性と相関を有する微生物指標の探索では、a)土壌繊毛虫の種を判別できる新規ITSプライマーを用いて土壌繊毛虫1個体からのPCR増幅を確認し、有機圃場と慣行圃場から土壌繊毛虫100個体ずつを単離して外部形態と18SrDNAにより同定することで、各圃場いずれかからのみ検出される種類を見出した。これらの知見に基づき設計したITSプライマーを利用して、土壌環境DNA(eDNA)から該当する土壌繊毛虫を検出する手法を開発した。さらに、1個体ずつの単離作業では検出できなかった種類が、新検出法を用いると圃場から検出できることを明らかにした。b)土壌から直接DNAを抽出し、そのパターンから土壌微生物群集構造を推定するPCR-DGGE法を福島県会津地方のアスパラガス栽培農家の連作障害発生圃場と隣接する健全圃場に適用し、フザリウム群集を対象としたPCR-DGGE法で検出されるバンド全体に占めるアスパラガスの病原菌であるFusarium oxysporum f.sp. asparagiのバンド強度の割合は連作障害発生圃場で高く、そのバンド強度の割合とアスパラガスの欠株率との間に正の相関が認められることを明らかにした。 微生物の機能を利用した土壌消毒法の改良では、県の広域専技、研究者あるいは営農家等への太陽熱土壌消毒処理法についての聞き取りにより、処理効果の安定性と作業性、処理後の土壌養分管理が普及の隘路であることを把握した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,土壌肥料
協力分担関係福島県
佐賀県
宮崎県
長崎県
和歌山県
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 総務省競争的資金
業績(1)Growth, respiration and nutrient acquisition by the arbuscular mycorrhizal fungus Glomus mosseae and its host plant Plantago lanceolata in cooled soil
(2)A rapid and simple PCR method for identifying isolates of the genus Azospirillum within populations of rhizosphere bacteria
(3)Effect of soil type and fertilizer management on archaeal community in upland field soils
(4)Quantitative Analyses of Ammonia-oxidizing Archaea (AOA) and Ammonia-oxidizing Bacteria (AOB) in Fields with Different Soil Types
(5)Soil Properties Affecting Phosphorus Forms and Phosphatase Activities in Japanese Forest Soils: Soil Microorganisms May Be Limited by Phosphorus
(6)リン脂質脂肪酸およびキノンプロファイル法を用いた家畜ふん堆肥連用圃場における土壌微生物相の解析
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030166811
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat