疫病抵抗性バレイショを利用した低コスト栽培技術の開発

疫病抵抗性バレイショを利用した低コスト栽培技術の開発

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2010
概要目的:疫病抵抗性品種を用いた栽植密度の検討,培土作業の簡略化(無培土,半培土栽培)及び窒素施肥量の適正化について検討する。 成果:エネルギー生産効率を高めるには,疎植で抵抗性品種を導入して防除回数を削減するとともに,慣行培土や植付け後培土に係わらず培土を高く盛り,可能な限り気象条件に左右されない生産環境を保持することが重要である。
研究分担生産システムグループ,生産環境グループ
予算区分受託 (農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat