寒冷寡照条件の草地酪農地帯における畜産由来有機性資源の循環利用に伴う環境負荷物質の動態解明と環境負荷低減技術の開発 1.草地酪農地帯における環境負荷物質の動態解明

寒冷寡照条件の草地酪農地帯における畜産由来有機性資源の循環利用に伴う環境負荷物質の動態解明と環境負荷低減技術の開発 1.草地酪農地帯における環境負荷物質の動態解明

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜22
年度2010
概要【目的】寒冷寡照条件の草地酪農地帯における環境負荷物質の動態を土壌別または小流域で調査し、これら窒素を中心とする環境負荷物質の発生・移動の予測を行い、環境負荷物質低減のための指標を策定する。 【成果】環境負荷物質の動態予測について、亜酸化窒素発生量では火山性土草地での適合性に一部課題を残したが、既存のモデルを一定程度改善できた。窒素およびリンの水質予測では、既存のモデルを改良し、これを活用した改善対策の現場導入が開始された。
研究分担飼料環境グループ
予算区分指定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167216
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat