飼料米ととうもろこしサイレージを活用した肉用牛生産技術の確立

飼料米ととうもろこしサイレージを活用した肉用牛生産技術の確立

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜26
年度2010
概要目的:とうもろこしサイレージ多給下における飼料米給与が消化率やルーメン内発酵、採食量に及ぼす影響を検討し最適な給与割合を明らかにする。また、黒毛和種去勢牛を用いてとうもろこしサイレージ及び飼料米給与と産肉性との関連について検討する。 成果:消化試験を行ないとうもろこしサイレージ飽食時における濃厚飼料中の飼料用玄米を40%まで代替できることを示した。黒毛和種去勢牛へは10ヵ月齢から飼料用玄米を給与し、肥育を継続している。 
研究分担肉牛グループ
予算区分受託 (農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167306
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat