自給粗飼料資源を活用した特色ある酪農のためのブラウンスイス種の利用法

自給粗飼料資源を活用した特色ある酪農のためのブラウンスイス種の利用法

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:ブラウンスイス種雄子牛を粗飼料主体で育成・肥育し、肉量・肉質等の肉生産特性を明らかにする。 成果:濃厚飼料多給方式での枝肉成果は、枝肉重量467kg、格付B-2で、一般的なホルスタイン種去勢牛と同程度の成果であった。高粗飼料区については、枝肉重量が433kg、格付B-2であった。
研究分担肉牛グループ
予算区分道単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167307
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat