噴火湾養殖ホタテガイ生産安定化モニタリング試験

噴火湾養殖ホタテガイ生産安定化モニタリング試験

県名北海道
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構水産研究本部函館水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜H23
年度2010
概要目的:噴火湾における養殖ホタテガイ生産の安定化を目的に、効率的採苗 に必要な情報発信とヨーロッパザラボヤの生態調査を実施する。 成果:効率的採苗のための情報発信に必要な調査として、地区別卵巣卵質調査(湾内10地区で4月に)、沖合浮遊幼生分布調査と浮遊幼生期海洋環境調査(金星丸または北辰丸により4〜7月に毎月1回、用船により6月に1回)、0齢貝生殖能力調査(4〜6月に4回)を実施した。調査結果は、「噴火湾ホタテガイ情報」として指導所、漁協、漁業者あてに配信した。 ヨーロッパザラボヤ生態調査として、ヨーロッパザラボヤ浮遊幼生出現状況調査(4〜12月)、耳吊りホタテへの付着状況調査(4〜3月)を実施した。結果は「ホヤ類調査結果速報」として指導所、漁協、漁業者あてに配信した。
研究分担管理増殖グループ
予算区分受託(民間)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167431
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat