16 こだわりの米づくりのための水田環境改善技術開発

16 こだわりの米づくりのための水田環境改善技術開発

県名青森県
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜22
年度2010
概要目的:有機農産物生産のための技術開発が求められている。ここでは、農作業の工程や水田周辺の植生を改善することにより、農薬に頼らないで雑草密度を低減する水田環境改善技術を開発する。 結果:薬剤を使用しない除草法として、代かきを10〜14日の間隔で2回行うことで初期雑草の発生を低減でき、残った雑草は7月中旬まで拾い草を実施することで作業の軽労化が図られることなどをとりまとめた。また、水田の埋土種子量から雑草発生量を診断し、有機栽培への効率的な移行技術を明らかにした。
研究分担水稲栽培部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030167724
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat